Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Windows10 に Windows Movie Maker をインストールする

Windows Movie Maker は2017年1月にサポートが終了し、Windows10 には既に同梱されていない。

そこで今回は、Windows ムービーメーカーを手動でインストールしてみようと思う。

Windows ムービーメーカーをダウンロードする

Windows Movie Maker は以下のページからダウンロードできる。

ページ下部の「Download Windows Movie Maker 2012 16.4.3528.0331 for Windows」リンクを選択し、モーダルから「Softpedia Secure Download (US)」を選択する。

すると wlsetup-all.exe というファイルのダウンロードが始まる。

Windows ムービーメーカーをインストールする

ダウンロードした wlsetup-all.exe を開く。

「Choose the programs you want to install」を選択する。

次の画面で「Photo Gallery and Movie Maker」のみチェックを入れ、「Install」ボタンを押下する。

もしココでインストールに失敗すると、次のようなエラーが出る。

Couldn't install programs
Couldn't install these programs: フォトギャラリーとムービーメーカー

An unknown error occurred.
Error: 0x800c0006
Source: UXPlatformLang

コレは言語の問題によるエラー。一旦「Close」ボタンを押して終了する。

ひとまずココで、Movie Maker がインストールできているか確認する。

C:\Program Files (x86)\Windows Live\Photo Gallery\ 配下に MovieMaker.exe があれば OK。

試しに MovieMaker.exe を起動してみると、「Windows Essentials 2012」というダイアログが表示される。「Accept」を押して進むと、英語版の Windows Movie Maker が起動する。

一応このままでも使えるが、このあと日本語化してみる。

Windows ムービーメーカーを日本語化する

もしココで C:\Program Files (x86)\Windows Live\Photo Gallery\ 配下に en というディレクトリがあったら削除しておく。

日本語化用のファイルを以下からダウンロードする。

ja.lzh を解凍し、ja ディレクトリごと C:\Program Files (x86)\Windows Live\Photo Gallery\ 配下にコピーする。

コレで MovieMaker.exe を起動すると、日本語化された Windows ムービーメーカーが起動できるはずだ。


以上。ちょっとした動画を作るだけなら Windows ムービーメーカーはとても手軽なので、こうして使えるとありがたい。

Windows10がぜんぶわかる本 決定版 (洋泉社MOOK)

Windows10がぜんぶわかる本 決定版 (洋泉社MOOK)

エクスプローラで画像や動画のサムネイルを見る機能が標準搭載されていた

僕は普段エクスプローラを「詳細表示」で使っているが、画像ファイルの整理になるとサムネイルを見ながら作業したくなる。

そんな時、Windows10 のエクスプローラには詳細表示時でもサムネイルを別ペインで表示できる機能が標準搭載されていることを知った。

エクスプローラ上で Alt + P を押すと、右側にサムネイルを表示するペインが表示される。この状態で画像ファイルを選択すると、その画像がサムネイル表示される、というワケ。動画ファイルもサムネイルが確認できるので便利。

ペインを閉じる際は再度 Alt + P で閉じられる。

Windows 10完全ガイド 基本操作+疑問・困った解決+便利ワザ (一冊に凝縮)

Windows 10完全ガイド 基本操作+疑問・困った解決+便利ワザ (一冊に凝縮)

Windows10 で英語配列のキーボードを使うための OS・AutoHotKey 設定

雑記ブログ El Mylar の方で少し書いたが、最近デスクトップ PC「ガレリア XG」用に Dell の英語配列のキーボードを買った。

neos21.hateblo.jp

この際、Windows10 の OS 設定や AutoHotKey の設定を変えたりしたので、それを紹介する。

英語配列のキーボードとして認識させる設定

まずはコレまで JIS 配列のキーボードを使ってきていたので、接続した US キーボードが JIS 配列のモノとして認識されてしまっている。コレを直す。

  1. 「PC 設定」アプリを開く
  2. 「時刻と言語」
  3. 「地域と言語」メニュー
  4. 「日本語」言語を選択し「オプション」ボタン
  5. 「ハードウェアキーボードレイアウト」の「レイアウトを変更する」ボタン
  6. 「英語キーボード (101/102 キー)」を選択し「サインアウト」を選択する

コレだけ。レジストリ変更とか要らないので楽チン。

なお、この状態で IME の On・Off を切り替えるには、Alt + ` (バッククォート) で切り替えられる。

…ココまでは上述のキーボード購入の記事でも書いた。

Ctrl + Space で IME 切替できるようにする

僕は Google 日本語入力を使っているので、Google 日本語入力の設定を変更し、Ctrl + Space で IME を切り替えられるようにする。

以下のように、

  • 「変換前入力中」「変換中」「入力文字なし」の場合は「Ctrl Space」で「IME を無効化」
  • 「直接入力」の場合は「Ctrl Space」で「IME を有効化」

と設定すると、ちょうど良い。

左右の Alt キー空打ちで IME を切り替える

Ctrl + Space で切り替えられるよう設定はしたものの、普段この操作を頻繁に行うのは面倒くさい。そこで AutoHotKey の出番だ。

左右の Alt キーを空打ちして IME の On・Off を切り替えられるようにするには、alt-ime-ahk を導入するのが手っ取り早い。

neos21.hatenablog.com

コレでだいぶ Mac 風に言語切替できるようになった。

CapsLock 単体で IME 切替・かつ Shift + CapsLock は CapsLock として使いたい

CapsLock を IME 切り替えに使うようにしたのは ZenBook を設定した時に思いついたことなのだが、コレをもう少し発展させてみる。

Shift + CapsLock と押した時は、実際に CapsLock として動作させたい。AutoHotKey では、CapsLock キーは「英数キー」として認識されるようだったので、以下の用に設定した。

; IME 切替 (vkF3sc029・vkF4sc029 = 全角 / 半角。Send 側に書く時は両者を区別しなくて良い)
Pause:: vkF4sc029
Break:: vkF4sc029
sc03A:: vkF4sc029    ; sc03A : 英数キー。CapsLock キーを押すと英数キーとして反応する

; Shift + CapsLock (英数キー) で CapsLock 操作を行う
+sc03A:: Send, {CapsLock}

「全角/半角」キーにあたる vkF4sc029 にリマップすることで IME 切替を実現している。CapsLock のついでに、全然使わない Pause と Break キーも「全角/半角」キーに当てた。

sc03A というのが「英数」キー。Shift とのコンビネーション時は CapsLock キーを Send することで対応。

ブラウザのタブ移動を左手だけでできるようにする

ブラウザのタブ移動には Ctrl + PageUpCtrl + PageDown が当てられているが、右手でマウス操作しながらタブ移動したい時に押しづらい。

そこで、以下のような設定を入れて、左 Alt + q左 Alt + eCtrl + PageUpCtrl + PageDown が発火するように設定した。

; ブラウザのタブ移動を左手でできるようにする
LAlt & q:: Send, ^{PgUp}    ; 左 Alt + q → Ctrl + PageUp
LAlt & e:: Send, ^{PgDn}    ; 左 Alt + e → Ctrl + PageDown

Alt キーは副作用が怖いのであまり使いたくないのだが、他に良いキーもないので設定。JIS 配列の人は、左 Alt の代わりに「無変換」キーを使うと邪魔にならないかと思う。

; 無変換キーを利用したショートカット
vk1Dsc07B & z:: Send, ^{PgUp}    ; 無変換 + z → Ctrl + PageUp
vk1Dsc07B & x:: Send, ^{PgDn}    ; 無変換 + x → Ctrl + PageDown
vk1Dsc07B:: Send, {Enter}        ; 無変換キー単体 → Enter

「無変換」キーの場合は Q とか E とか遠いところではなくて、もう少し近い Z とか X とかを使うと押しやすいかなーと思った。お好みで。

お好みで : メタキーと BackSpace のコンボを Delete 扱いにする

以降は操作性を Mac 風にする地味な変更。

英字配列の Macbook の場合、Fn キーが左下にあり、コレを押しながら Delete キーを押すことで、カーソルの右側の文字が消える。Windows でいうとコレが Delete キーの挙動だ。

コレを再現するために、キーボード左下あたりにあるメタキーと BackSpace を押した時に Delete キーを発火させるようにする。

; BackSpace コンビネーションを Delete 扱いにする
^BS:: Send, {Del}    ; Ctrl
#BS:: Send, {Del}    ; Win
!BS:: Send, {Del}    ; Alt
+BS:: Send, {Del}    ; Shift

今回の僕の場合はデスクトップ PC なので Delete キーも押しやすいが、ノート PC だと Delete キーが押しづらいところにあったりする。そこでこのようなリマップを考えてみた次第。

お好みで : Alt コンビネーションを Mac 風に近付ける

さらに Alt キーの挙動を Mac の Cmd キー風に近付けるため、以下のような設定を入れてみた。

; Alt と左右矢印を Mac 風にする
LAlt & Left:: Send, {Home}
LAlt & Right:: Send, {End}

; Alt と上下矢印で PageUp・PageDown
LAlt & Up:: Send, {PgUp}
LAlt & Down:: Send, {PgDn}

; Alt コンビネーションを Mac 風に使えるようにする
!z:: Send, ^z       ; Ctrl + z
!x:: Send, ^x       ; Ctrl + x
!c:: Send, ^c       ; Ctrl + c
!v:: Send, ^v       ; Ctrl + v
!a:: Send, ^a       ; Ctrl + a
!s:: Send, ^s       ; Ctrl + s
!f:: Send, ^f       ; Ctrl + d
!g:: Send, ^g       ; Ctrl + g
!h:: Send, ^h       ; Ctrl + h
!q:: Send, !{F4}    ; Alt + F4 (Cmd + q) … LAlt は上のタブ移動の挙動になるので実質 RAlt のみ
!w:: Send, ^w       ; Ctrl + w
!r:: Send, ^r       ; Ctrl + r
!t:: Send, ^t       ; Ctrl + t
!o:: Send, ^o       ; Ctrl + o

まず1段落目から。左 Alt + ← を Home、左 Alt + → を End キーにリマップすることで、Mac での同コンビネーションの挙動に近付けた。Mac だとこのコンビネーションでテキストカーソルを行頭や行末に移動できるのだ。

2段落目は同様に、上下の矢印を PageUp・PageDown に当てた。

3段落目は、Alt + 任意キー の押下を Ctrl + 任意キー の挙動に変換した。Excel をキーボードショートカットで操作する人はこの設定が悪さすると思うので、入れない方が良い (もしくはアプリ単位で除外する)。Cmd + zCmd + a など、よく押しがちなところだけリマップした。例外的に Alt + qAlt + F4 を実行して、Mac における Cmd + q の挙動に近付けた。

僕が使っている AutoHotKey スクリプトは以下よりドウゾ

僕が作って使っている AutoHotKey スクリプトは以下で確認できる。ガレリア XG (デスクトップ) でも ZenBook (ノート) でもどちらでも同じスクリプトを利用している。

以上。コレであなたも快適な US キーボードライフを。