Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Atom をちゃんと始める。

ちょっと前に Atom と Sublime Text を導入して放置していたので、一旦両方アンインスコして、Atom を再導入した。

Atom を選択したのは日本語対応してるらしいというところだけ。

勉強がてら、インストールでやったことをメモしておく。

ついでに今日から記事を Markdown 記法で書くことにした。

環境は Windows7。

ダウンロードとインストール

公式サイトよりインストーラをダウンロード。インストールが終わると Atom が起動する。

バージョンは執筆時点の最新版の 1.3.3。

日本語化

Atom はパッケージ導入によって様々なカスタマイズができる。

まずは全体を日本語化してみようということで、日本語化できるパッケージをインストールする。

File → Settings → Install より「Japanese-Menu」を検索、インストール。

フォント

標準のフォントは何なんだろう?日本語の表示がイマイチ。等幅フォントで綺麗めだと良い、でも MS ゴシックはちょっと…と思ってたので、「設定」→「フォント (font-family)」より「MeiryoKe_Gothic」を入力しておいた。

MeiryoKe については以下。メイリオフォントから等幅フォントを生成できる。

テーマ

ダークな感じは好きだけど、何か見づらいので以下のように変更。

  • UI Theme:Atom Light
  • Syntax Theme:Solarized Dark

テーマも色々ダウンロードできるようなので、慣れてきたら変えてみよう。

パッケージ

  • 無効にした
    • metrics:Google Analytics へのデータ送信をやめる。「パッケージ」から検索して無効にする。
  • インストール済み
    • autocomplete-plus:予測変換
    • bracket-matcher:対応するカッコのハイライト
  • インストールした
    • auto-encoding:ファイルのエンコーディングを自動判定してくれる
    • highlight-line:現在行のハイライト
    • autocomplete-paths:パスの予測変換
    • color-picker:カラーピッカー
    • Highlight-Selected:同じテキストがあるとハイライトする
    • pigments:色指定したコード部分がその色になる
    • emmet:HTML 系の入力補完
    • show-ideographic-space:全角空白の可視化
    • japan-util:全角・半角変換
    • minimap:ファイル全体のマップを右側に表示
    • file-icons:ファイルのアイコンを良い感じに
    • script:コードをエディタ上で実行できる

良さげなものをとりあえず入れたまで。どう使うかとかどれだけ便利かとかは試しながら変えていこうと思う。

参考

実行ファイルの場所

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\atom\app-1.3.3\atom.exe

Windows の場合はここにあった。

その他試したいもの

今日はココまで。

Markdown 記法も良い感じ。