Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Windows7 で Atom の関連付けを永続化する方法

Windows 環境における Atom エディタは、アップデートのたびに %LocalAppData%\atom\app-(バージョン)\ というフォルダを作るので、アップデートすると atom.exe への関連付けが外れてしまう。それを何とかするお話。

手順概略

  1. AutoHotkey より、AutoHotKey をインストールする。
  2. AutoHotKey で exe ファイルを生成するための ahk スクリプトを作成する。
  3. スタートメニューから、AutoHotKey の「Convert .ahk to .exe」を開く。
  4. 「2.」で作成した ahk ファイル、生成する exe ファイルの出力先、exe ファイルに設定するアイコンを指定する。
  5. 「> Convert <」ボタンをクリックすると exe ファイルが生成される。
  6. 生成した exe ファイルに関連付けするので、分かりやすいよう %LocalAppData%\atom\ 直下に移動しておく (任意)。
  7. 生成した exe ファイルに関連付けする。

手順詳細

以下詳細。

1. AutoHotkey より、AutoHotKey をインストールする。

AutoHotKey って知らなかったのだが、何やら便利なマクロなど作ったりできるソフトらしい。

画面右側の「Download」を押下後、「Installer」を選択したらウィルスバスターの警告が出たけど、構わずインストーラの exe をダウンロードしインストール。

2. AutoHotKey で exe ファイルを生成するための ahk スクリプトを作成する。

以下のコードをコピペし、 atom.ahk など適当な名前を付け、適当なところに保存。

Run, %LocalAppData%\atom\bin\atom.cmd %1% %2% %3% %4% %5% %6% %7% %8% %9% %10%,,Hide

3. スタートメニューから、AutoHotKey の「Convert .ahk to .exe」を開く。

(どのショートカットか最初迷ったので…)

4. 2. で作成した ahk ファイル、生成する exe ファイルの出力先、exe ファイルに設定するアイコンを指定する。

以下の画像のとおり、

    1. で作成した ahk ファイル
  • 生成する exe ファイルの出力先 (任意)
  • exe ファイルに設定するアイコン (%LocalAppData%\atom\app.ico)

を指定する。

ahk 設定

5. 「> Convert <」ボタンをクリックすると exe ファイルが生成される。

6. 生成した exe ファイルに関連付けするので、分かりやすいよう %LocalAppData%\atom\ 直下に移動しておく (任意)。

(5.~6. は特に補足情報なし)

7. 生成した exe ファイルに関連付けする。

関連付けしようとしても選択した exe ファイルが一覧に追加されないことがあるかもしれない。以下の記事で対処法を紹介している。

neos21.hatenablog.com

以上。

参考

その他メモ

atom.ahk にパスが出てきているとおり、%LocalAppData%\atom\bin\atom.cmd を叩いてあげれば、最新バージョンでファイルを開ける。

つまり直接 atom.cmd に関連付けをしてあげれば解決するのだが、バッチファイルなのでアイコンが残念になるということで、app.ico を利用した exe ファイルを作るため、この方法をとった次第。