Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Excel 2007 以降で Excel 2003 以前っぽい淡い配色を使いやすくするには

表題のとおり。

f:id:neos21:20160131235918p:plain

こんな感じの配色をカラーパレットに置くまでの手順。Excel 2007・Excel 2010 で試した。

配色を作る

「ページ レイアウト」リボンメニュー → 「配色」 → 「新しい配色パターンの作成」に進む。

f:id:neos21:20160131235914p:plain

上の画像のように、薄い7色を以下のように設定する。

テーマの色 選択する色
テキスト/背景: 濃色 2 オレンジ
テキスト/背景: 淡色 2
アクセント 1 黄色
アクセント 2 黄緑
アクセント 3 水色
アクセント 4 薄青
アクセント 5 薄紫
アクセント 6 ピンク
  • 選択する薄い色は、「色の設定」の「標準」タブに表示されるハニカムの集合体みたいな所から、中央に近い所から選ぶ。画像を見ながら適当に選んでください。
  • ポイントは「赤」と「オレンジ」を、ココでの並び順としては逆にすること (赤→オレンジ、と並べたいが、オレンジ→赤、とする)。

配色を指定したブックをテンプレートにする

新規ブックを開き、作成した配色を選択したら、「名前を付けて保存」ダイアログを開き、「ファイルの種類」より「Excel テンプレート」を選択する。

保存先フォルダを %ProgramFiles%\Microsoft Office\Office14\XLSTART\ にし、Book.xltx という名前で保存する。

Excel を一度閉じ、再度開くと、先ほど保存したテンプレートブックの状態で新規ブックが開かれるので、カラーパレットが淡い配色になった状態で、新規ブックを作ることができる。

f:id:neos21:20160131235918p:plain

参考