読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

GitHub の容量制限は 1GB までを「推奨」

GitHub のリポジトリあたりの容量制限は、基本ないらしい。ただし、上記公式ヘルプにもあるとおり、1GB を上限の目安としていて、それを超えると勧告のメールを出すよ、ということみたい。

1ファイルあたりの上限は 100MB までで、これを超えると送れなくなる様子。

アカウント単位での容量制限はない様子。

リポジトリの容量の確認方法

リポジトリの容量を GitHub がどう捉えているかは、以下の URL で GitHub API にアクセスすると分かる。

https://api.github.com/repos/(ユーザ ID)/(リポジトリ名)

たとえばぼくのアカウントにあるリポジトリだとこんな感じ。

https://api.github.com/repos/Neos21GitHub/DotInstallRuby

結果は JSON 形式で表示される。size プロパティに KB 単位で表示されている。これが 1GB を超えないように注意しておけばとりあえず平気。

GitHub Pages は1ディレクトリ 1GB までの静的 Web ホスティングサービス

そうすると、1つのリポジトリとして扱われる GitHub Pages は、リポジトリの作り方によっては、1ディレクトリあたり 1GB まで使える、静的 Web ホスティングサービスと捉えることができる

ルートになるユーザサイトのリポジトリ、各ディレクトリになるプロジェクトサイト、それぞれのリポジトリ全体で 1GB まで使えるワケだ。「ユーザID.github.io」というサブドメインにもなるし、見栄えも悪くない。バージョン管理できるウェブサービスと考えるのも悪くない。

Gist の容量制限は分からない

そういえば Gist の方は容量制限ないのかな。文献が見付からなかった。