Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

今更ながら iTunes のホームシェアリングが有能だった

普段は Windows 機の iTunes で音楽を管理していて、iPod nano に音楽を取り込んだり、iPhone の同期をしたりしている。

最近 MacBookPro を買って、MacBookPro の方から Windows 機のライブラリを参照したいなーと思い、ホームシェアリングを試した。

設定の仕方

ライブラリを共有したい各マシンの iTunes より、ホームシェアリング機能を有効にし、同じ Apple ID でログインする。

これだけ。

あとは、覗きに行きたいマシンのライブラリをメニューから選択すれば、あたかもライブラリ全体をコピーしてきたかのように、別のライブラリの音楽を再生できる。

「ライブラリ」、つまり iTunes に登録されている全体の情報が共有されているので、音楽だけでなく、プレイリストだったり、ビデオなんかも共有できる。

タイムラグ全くなし

同じローカルネットワーク内とはいえ、多少はファイルの選択にタイムラグが出るのかなと思いきや、まるで感じない。厳密には楽曲を選択して再生ボタンを押すとき、直接再生する時と比べてほんのわずかに遅れがあるが、まるで気にならないレベル。

インポートもできるみたい

試してないけど、別のライブラリにある音楽とかを自分のライブラリにインポートしたりもできるみたい。ライブラリをコピーして使いたいときもお手軽ですな!