Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Atom の環境設定を同期する sync-settings で Windows 機の設定を Mac に持ち込む

MacBookPro に Atom エディタをインストールしたので、Windows マシンで設定していた情報を Mac にも反映させたい。sync-settings というパッケージを使うと同期ができる。

初期設定

sync-settings は Gist に設定ファイルをアップする形で同期を行うので、GitHub アカウントが必須。GitHub アカウントがない人はとってください。

まずは sync-settings をインストール。「環境設定」→「インストール」より検索してインストール。apm install sync-settings でも良い。

次に GitHub 側でいくつか設定。

  1. Sign in to GitHub · GitHub のページからアクセストークンというものを発行する。「Select scopes」は「Gist」のみチェックすれば OK。
  2. 発行されたアクセストークンを sync-settings の設定画面にある「Personal Access Token」にコピペ。
  3. Create a new Gist · GitHub より、適当な文字列を入力して「Create secret Gist」ボタンを押下。設定ファイルをアップするための非公開の Gist を作っておく。
  4. 作成後の URL から、ユーザ名の後ろにある Gist ID を sync-settings の設定画面にある「Gist id」にコピペ。

これで設定完了。同期させたい別の端末には、上記の手順で作成したアクセストークンと Gist ID をコピペしておく (つまり今回の場合、Mac 側には空の Atom に sync-settings だけインストールしておいて、Windows 側で作ったアクセストークンと Gist ID をコピペして設定だけしておいた)。

設定の送信

Windows マシンから設定情報を送信する。

Ctrl + Shift + P でコマンドパレットを開き、「Sync Settings: Backup」と入力。

これで Gist の方に設定ファイルがアップされている。

設定の受信

Mac 側で設定情報を受信し、同期させる。

Command + Shift + P でコマンドパレットを開き、「Sync Settings: Restore」と入力。

これで Gist から設定ファイルをダウンロードして設定できる。あっという間に導入できた。

参考