読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Mac のターミナルで使うエイリアスを設定しつつ Vim の基本的なキー操作を覚えてみる

OSX OSX El Capitan Vim

個人的に quit と打つと exit になるエイリアスを入れておきたくて調べた。

Windows コマンドプロンプトでのエイリアスの設定方法は以下を参照。

neos21.hatenablog.com

/Users/(User)/ 直下にある .bashrc に書く。.bashrc の新規作成方法と、ターミナル起動時に読み込ませるための .bash_profile の作成方法は以下。

neos21.hatenablog.com

特殊なファイルを Finder で表示するように設定している場合は、Finder から開いても良いけど、せっかくなのでコマンドラインで使うテキストエディタである Vim を使ってみよう。

$ cd ~
$ vim .bashrc

こうすると Vim が開く。Vim の操作は少々特殊なので、最低限以下の操作だけ覚えておく。

操作 キー
カーソル移動 矢印キー or HJKL
挿入モードにする I or A
挿入モードをやめる Esc
保存する :w
終了する :q

vim .bashrc で Vim を開いた直後はノーマルモード。I を押すと下に「—INSERT—」と表示され、テキストを入力できる挿入モードになる。編集はひとまずこれで。

編集をやめるときは Esc。何かキャンセルしたくなったら Esc。保存するときはノーマルモードで :w と入力して Return。保存せず閉じたいときは :w せずに :q で Return。

ということで、早速 I キーで挿入モードにして、以下のように記述する。

alias quit='exit'

alias ll='ls -l'

quit の他に、ll も入れてみた。

入力が終わったら Esc → :wq と入れて Return。保存して閉じる。

変更をその場で反映したい場合は以下のコマンド。

source ~/.bashrc

これでエイリアスの設定ができた。