Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Mac のターミナルのプロンプト変数を変更しつつ、exit 時にウィンドウを閉じるようにする

前回に引き続き1記事2ネタシリーズ。

neos21.hatenablog.com

今回はターミナルのプロンプト部分の表示を変えるのと、exit をした時にウィンドウを閉じるようにする方法。

プロンプト変数の変更

現在のプロンプト変数は以下のように確認できる。

$ echo $PS1

\h:\W \u\$

\h がホスト、\W が現在のディレクトリ、\u がユーザ名。普段必要としないホスト名が表示されていて長ったらしい。

そこで、以下のようにしてみる。

# 「ユーザ名」:「現在ディレクトリまでのパス」:$ (半角スペース) とする
$ PS1='\u:\w:$ '

こうすると打った直後からプロンプト表示が変わる。\W と \w は、小文字の方がルートからのパスで出るという違いがある。

あとはコレで試した書式を .bashrc に書いておき、起動時に常に読み込まれるようにしておく。

$ vim ~/.bashrc

# Vim で以下を記入
PS1='\u:\w:$ '

:wq で保存して終了。

exit をした時にウィンドウを閉じる

ターミナルを開き、メニューバー → ターミナル → 環境設定 と開く。

「シェル」タブに「シェルの終了時」という項目があるので「ウィンドウを閉じる」を選択。