読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Windows10 でも付箋アプリ。

Windows Windows7 Windows10

Windows7 の時からある「付箋」アプリ。自分はもう廃止されてしまった「Windows ガジェット」の一つの「付箋紙ガジェット」をよく使っていた。タスクバーを使わないので省スペースで使いやすかった。

Windows10 になって、当然 Windows ガジェットは廃止されてしまったことと、うちの会社はソフトが入れられないので (泣) なるべく標準でできるものを使おうということで、Windows の標準アクセサリである「付箋」アプリを使ってみた。

スタートメニュー中の「Windows アクセサリ」の中にある。

右クリックメニューから選べるのは背景色の変更ぐらいで、あまり知られていないキーボードショートカットがあるので以下で紹介。

  • 太字:Ctrl + B
  • 斜体:Ctrl + I
  • 下線:Ctrl + U
  • 取消線:Ctrl + T
  • 文字サイズの拡大・縮小:Ctrl + ホイール操作 or (文字列を選択した状態で) Ctrl + Shift + < or >
  • 左揃え:Ctrl + L
  • 右揃え:Ctrl + R
  • 中央揃え:Ctrl + E
  • リスト形式にする・リストの行頭文字を変える:Ctrl + Shift + L
  • インデントになるタブスペースの挿入:Ctrl + Shift + I
  • 行間:(文字列を選択した状態で) Ctrl + 1 or 2 or 5
  • 大文字・小文字の切り替え:(文字列を選択した状態で) Ctrl + Shift + A
  • 上付き文字:Ctrl + Shift + +
  • 下付き文字:Ctrl + +
  • 新しい付箋を作る:Ctrl + N

それなりに高機能。

書いた付箋データは以下に残っている。

%APPDATA%¥Microsoft¥Sticky Notes\StickyNotes.snt
(%APPDATA% = C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming

イイネ!