読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Windows フォトビューアーが黄ばんでるのを直す

Windows10 だと何故か初期状態での関連付けに選択されなくなった Windows フォトビューアーだが、かねてより写真が黄ばんで見えるなぁと感じていた。他のアプリで開くと黄ばんでいないので、フォトビューアーのせいかと思っていたが、設定で直せるようだ。多分 Windows7 で同様の事象が発生している人も Windows10 と同じく、以下の手順で直せると思う。

どうやら色を管理するファイルICCが変わってしまった様子。

[コントロールパネル]-[画面の解像度の調整]で画面が出てきたら「詳細設定」をクリックし、さらに画面が出てきたらその中のタブ[色の管理]を選択、[色の管理...]ボタンを押下します。
「色の管理」画面でおかしく映っているディスプレイを選択、「このデバイスに自分の設定を使用する」チェックボックスをチェックします。
その下の「このデバイスに関連付けられたプロファイル」リスト下にある[追加...]ボタンを押下します。
私が選択したのは「sRGB IEC61966-2.1」。これを選んで[OK]します。
すると、先ほどのこれがリストに追加されるはずです。
追加されたプロファイルを選択して、[規定のプロファイルに設定]ボタンを押して既定にします。

プロファイルが合っているとは言えませんが、見た目おかしな色になっていません。

まさにこれで解決。助かりました。