Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

WebLogic Server に WAR ファイルをデプロイする Ant スクリプトの改善版

前回の記事で WebLogic Server に WAR ファイルをデプロイする Ant スクリプトを紹介したが、環境変数を読み込むために deploy.batdeploy.xml の2ファイルに分断されていたのが鬱陶しかった。これを1ファイルにまとめる方法を見つけたので紹介。

neos21.hatenablog.com

taskdef を変更する

WLS の操作をするための wls タスクを定義する taskdef 部分を、以下の状態から、

<!-- WLS のデプロイ用コマンドを wls 要素として定義する -->
<taskdef name="wls" classname="weblogic.ant.taskdefs.management.WLDeploy"/>

以下のように変更する。

<!-- WLS のデプロイ用コマンドを wls 要素として定義する -->
<taskdef name="wls" classname="weblogic.ant.taskdefs.management.WLDeploy">
  <classpath>
    <pathelement location="C:/Oracle/Middleware/Oracle_Home/wlserver/server/lib/weblogic.jar"/>
  </classpath>
</taskdef>

パスは WebLogic Server 12c のデフォルトインストール先で記述しているが、要は /wlserver/server/lib/weblogic.jar へのパスを pathelement 要素で指定してあげれば良い。

これで deploy.bat が行っていた環境変数の読み込みと同等のことができるので、deploy.bat は不要、いきなり deploy.xml を呼び出せるようになったbuild.xml からは call タスクで呼ぶなり、build.xml に統合するなりすればよいかと。

ということでビルドとデプロイを一気に行えるように一本化した build.xml を作った。

Eclipse 上でプロジェクトを WAR ファイルにビルドして WebLogic Server にデプロイする Ant スクリプト (一本化版)

以上。

Ant 第2版

Ant 第2版

  • 作者: Steve Holzner,長瀬嘉秀(監訳),株式会社テクノロジックアート
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2005/11/18
  • メディア: 大型本
  • 購入: 2人 クリック: 20回
  • この商品を含むブログ (19件) を見る