読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

IE11 で互換表示したときに出る灰色の枠線

IE11 で IE7 エミュレートにしたりすると、ページを表示する領域全体を灰色の枠線が囲んでいる。

これが通常の Edge モード表示。

f:id:neos21:20170110022323p:plain

次に、IE7 エミュレートを選択した状態。

f:id:neos21:20170110022338p:plain

ページのフチに、2px か 3px 程度の灰色の border が出ているのが分かるだろうか。

…いや、だから何というワケではないのだが、これって何で出てるんだろうか、と。

調べてみたら、この事象自体は認知されているものの、みんな気にしていないみたい。

以下のサイトがもう少し詳しく触れていた。

A gray 2px page border appears by default on some versions of IE. It can in some cases be changed or removed by setting the border property of the html element (e.g., html { border: 0; }).

html { border: 0; } で削除できると書いてあったが、試した限りだとできなかった。

…別に何も困ってないし、「いつまで互換表示モードに頼ってるの」と言われそうだけど (ギョーミーな SIer はこんなもんだよ!!)、気になったので記事にしておく。