Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Windows でフリーズしたアプリのフリーズ待機時間を短くする

Windows でアプリがフリーズしてしまったとき、「応答なし」とか出て、あたかも「ちょっと待ってれば回復するで」的な空気を醸し出すが、大概はそのままどうにもならなくなってタスクマネージャから強制終了したりする。

だったら、フリーズしてしまってから自動的に強制終了するまでの時間を短くして、サッサと死なせてやろうではないか、というかのが今回の趣旨。

まず、レジストリエディタ regedit を開き、以下のキーの階層まで下る。

HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\

そしたらココに HungAppTimeout という「文字列」のキーを追加し、値を 1000 などに設定する (数字は1/1000秒。デフォルトは 5000 ms = 5秒)。

反映させるには PC を再起動する。

これで、アプリがフリーズしてしまってから1秒間応答がないと、自動的に強制終了となる。

ちなみに、「応答なし」となったウィンドウ自体は「応答しているウィンドウ (ゴーストウィンドウ)」にすり替わっている、という Windows の細かな仕様について書かれた記事があった。