読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Git で最初のブランチを作って Eclipse で同期する

社内で Git リポジトリだけ作ってもらったので、そこに最初のブランチを作り、Eclipse でリポジトリを登録して作業を始められるようにした。

Git リポジトリに最初のブランチを作って Push する

まず GitBash にて、適当なローカルディレクトリで作業する。

$ mkdir Temp
$ cd Temp 

# リポジトリをクローンする
$ git clone https://backlog.jp/git/sample/sample.git
# 設定によって、リポジトリに接続する ID とパスワードを聞かれるので入力する

# するとリポジトリのディレクトリができるので移動する
cd sample/

# 空コミットすると master ブランチを勝手に作ってくれる模様
git commit --allow-empty -m "First Commit"

# そしたら master ブランチをリモートにプッシュする
$ git push origin master

こういう風にすると、リモートブランチに master ブランチが作成できた。

Eclipse にリポジトリを登録する

Pleiades Eclipse に最初から入っている EGit というプラグインで、Eclipse 上からでも Git リポジトリとの同期ができる。

  1. 「Git」ビューを開く。
  2. リポジトリの URL をクリップボードにコピーしておく。
  3. 「Git リポジトリー」パースペクティブの空白で右クリックし、「リポジトリー・パスまたは URI の貼り付け」で追加する。
  4. ローカルのワークスペースにある、登録したい Java プロジェクトを選択し「プロジェクトの共用」を開き、追加したリポジトリに関連付ける。
  5. 先程 Push した master ブランチをチェックアウトする。

こうすればあとは master ブランチに向けて当該 Java プロジェクトをコミット・プッシュできるようになった。

Gitで困ったときに読む本

Gitで困ったときに読む本