Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Mac の Finder のリスト表示におけるフォルダ作成・ファイル貼り付けの動作が分かった

今までどうも納得できない動きをしていた、Mac の Finder のリスト表示におけるフォルダ作成やファイル貼り付けの動作の意味が分かった。

自分としては、選択中の新規フォルダの中に「新規フォルダ」が追加されることを期待する。
ところが現実は、リスト表示しているウィンドウの階層に「新規フォルダ」追加された。結構がっかりする。

Path Finderのように、リスト表示であっても選択アイテムに対して作用する処理になってもらいたいものだ。

そう、Finder のリスト表示は、選択しているフォルダの配下にフォルダを作ったり、ファイルを貼り付けたりしてくれないのだ。Windows エクスプローラの感覚でいると毎回この意味が分からなかった。

上記参考サイトでは、AppleScript で動作を修正する方法を紹介している。

スクリプト等で変更するのでなければ、ファイルを貼り付けたりしたいディレクトリを新規タブで開き、リスト表示のルートにしてやればよい。自分は新規タブを開いて操作する方法で今のところ何とかなっている。

MacBook仕事術!2017

MacBook仕事術!2017