Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Excel で指定の文字を含むか判定する関数

A1 セルに、「Hoge」という文字列が含まれているか否かを返すための関数。

=IF(ISERROR(FIND("Hoge", A1)), "Hoge を含まない", "Hoge を含んでいる")

もし、「Hoge」という文字を含んでいたら A1 セルの値を返し、そうでなければ別の値を返す、という動きにするなら、IFERROR() 関数を使うのが楽。

=IFERROR(FIND("Hoge", A1), "Hoge を含んでないよ")

IFERROR() 関数は Excel2007 以降で登場する関数なので、残念ながら未だに Excel2003 以前を使っている、という方は以下のように ISERROR() で作り変えると良い。

=IF(ISERROR(FIND("Hoge", A1)), "Hoge を含んでないよ", A1)

「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術

「伝わるデザイン」 Excel 資料作成術