Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

VSCode から Cordova アプリを扱える「Cordova Tools」

はじめてのVisual Studio Code (I・O BOOKS)

はじめてのVisual Studio Code (I・O BOOKS)

Microsoft 製のフリーのエディタ「VSCode (Visual Studio Code)」に、「Cordova Tools」というプラグインを入れておくと、VSCode の「デバッグ」タブから「Run iOS on simulator」を選択して iOS アプリを起動したりできる。

最初、設定回りでコケたのでメモしておく。

エラーその1

「Run iOS on simulator」をクリックすると、VSCode 上のターミナルに以下の表示が出た。

Unable to start ios_webkit_debug_proxy.

なんか「ios_webkit_debug_proxy」とやらが上手く動かないらしい。色々ググってみたが、とりあえず以下のように Homebrew から ios-webkit-debug-proxy をインストールしてみる。

$ brew install ios-webkit-debug-proxy

再度「Run iOS on simulator」をクリックすると、コンソールに出力されるメッセージが変わった。

エラーその2

Unable to find webview

そこで、「ios-webkit-debug-proxy」コマンドをそのまま叩いて、使用しているポートを確認してみる。

$ ios-webkit-debug-proxy
Listing devices on :9221

ポートは「9221」となっている。

どうも、「Cordova Tools」プラグインが生成する launch.json というファイルの、"name" : "Run iOS on simulator" という部分で指定しているポート番号がズレているらしく、記載されていた "9220" から "9221" に変えてやるとうまくいった。

以上。