Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

git tag を活用する

【改訂新版】Gitポケットリファレンス

【改訂新版】Gitポケットリファレンス

  • 作者: 岡本隆史,武田健太郎,相良幸範
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

Git にも、他のバージョン管理ツールと同様に Tag 機能がある。タグとは、特定のコミットに対するエイリアスと思うと分かりやすいだろう。

以下にコマンドで使い方を示す。

# まずは普通にコミットしてコミットログを作る
$ git commit -m "hoge"

# 直前のコミットに対し Tag 付けをする
# 「v1.0」部分がタグ名となる
$ git tag v1.0 -m "Tag です。"

# コメント付きでタグ一覧を確認できる
$ git tag -n

# 指定のタグの内容を確認するには
$ git show v1.0

直前のコミットではない別のコミットにタグを付ける場合は、コミット ID を指定すれば良い。

# 後ろにコミット ID を書く
$ git tag v1.1 -m "あの時のコミットのタグです。" e5dcb5e227…

指定のタグをチェックアウトするには以下のようにする。

# タグ名「v1.0」を新規ブランチ「tag1.0」としてチェックアウトする
$ git checkout -b tag1.0 refs/tags/v1.0