Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Windows10 のバックアップ:回復ドライブとシステム修復ディスクを作成した

新たにドスパラの PC を買ったので、最初にバックアップを取っておいた。

neos21.hatenablog.com

理解度半分ぐらいで申し訳ないのだが、Windows10 で作れるバックアップは2種類あって、

  • 「回復ドライブ」という、USB ドライブに書き込む、システム修復を行うデータを入れる方法と、
  • 「システム修復ディスク」という、CD・DVD・ブルーレイディスクか HDD にシステムを復元するバックアップを取る方法

とがある。

イマイチ違いが分かっていないのだが、完全バックアップは後者の「システム修復ディスク」になるのかなと思う。

バックアップのとり方は以下のとおり。

  • 回復ドライブ:コントロールパネル → システムとセキュリティ → セキュリティとメンテナンス → 回復 → 回復ドライブの作成
    • 自分の環境では USB メモリ 8GB 分になった。
    • 場合によっては 16GB・32GB を使用する場合もあるらしい。
    • バックアップのために USB メモリ全体を使うので、例えば 16GB の USB メモリを買って、8GB 分しか使わなかったとしても、残り 8GB を自由には使えないので注意。
  • システム修復ディスク:コントロールパネル → バックアップと復元 (Windows7) → システムイメージの作成
    • 自分の環境では DVD-R 2枚分になった。

とりあえず必要にならないことを祈る…。

ファイナル丸ごとバックアップplus Windows10対応版

ファイナル丸ごとバックアップplus Windows10対応版