Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Windows のパッケージ管理ツール Chocolatey を使った

Windows にも、Mac における Homebrew のようなパッケージ管理ツールがある。Chocolatey というものが一番有名らしいので使ってみた。

Chocolatey のインストール

Chocolatey をインストールするには、まず PowerShell を管理者権限で開く。

ポリシー設定を緩和しておく必要があるので、Get-ExecutionPolicy でポリシー設定を確認する。Restricted でなければ大丈夫。

PS> Get-ExecutionPolicy
RemoteSigned

もし Restricted だった場合は、以下のいずれかのコマンドを実行する。

PS> Set-ExecutionPolicy AllSigned
PS> Set-ExecutionPolicy Bypass

次に以下のコマンドで Chocolatey をインストールする。

PS> iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))

これで choco コマンドが使えるようになっているだろう。

ソフトのインストール

Chocolatey からソフトをインストールするには、以下のコマンドを使う。

PS> choco install 【アプリ名】 -y

# もしくは以下でも同じ
PS> cinst 【アプリ名】 -y

アプリ名は複数列挙して一度にインストールすることも可能。どんなアプリがあるかは公式のギャラリーから検索できる。

-y オプションを付けないと、インストールするかどうかなどの質問に答えないといけなくなる。-y オプションを付けておけば強制的に Yes と入力したテイにできる。

GUI で Chocolatey を管理するツールがあるので、それを入れてみると検索もしやすい。

PS> choco install chocolateygui -y

インストール版とポータブル版

Chocolatey で扱えるアプリによっては、同名のアプリに .install.portable と付いたものがあったりする。違いはインストーラーを使ってインストールするかどうかで、特に何も指定がないものは .install と同じものになる。

よほど意図がない限りは、何も書いていないモノ = インストール版を選択すると良いだろう。

自分が入れたアプリ一覧

ということで、自分が Chocolatey でインストールしたアプリ一覧は以下のとおり。何となくのジャンル分けをして空行で区切っている。

chocolateygui

googlechrome
firefox
thunderbird

flashplayerplugin
adobeshockwaveplayer
adobereader
jdk8
foxitreader

classic-shell
7tt
qttabbar

ccleaner
glaryutilities-free

git
conemu
sysinternals
msys2
mingw

lhaplus
7zip

autohotkey
slack

notepadplusplus
visualstudiocode

evernote
dropbox
googledrive
icloud

itunes
vlc
k-litecodecpackfull
mpc-hc
mp3gain-gui
tuxguitar

nodist
ruby
ruby2.devkit
python2
postgresql
sqlite
virtualbox
vagrant

foxitreader のダウンロードに時間がめっちゃかかった。51MB だったのに…。

上に挙げていないアプリで、インストールに失敗したものが2つあった。

  • project64:対象のファイルがないらしくてインストールが上手くできなかった。
  • mingw-get:「7za.exe」という名前のウィンドウが開いて何も動かず固まっていたので、Ctrl + C で終わらせた。多分失敗している。
  • daemontoolslite:互換性アシスタントが立ち上がってしまい失敗。以下のサイトでダウンロードできるものなら互換性アシスタントが立ち上がらず正しくインストールできた。

このリストさえどこかに残しておけば、いつでも自分が必要なアプリをインストールできるので、Chocolatey でパッケージ管理するのも良いだろう。