Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

cordova-plugin-app-version で Cordova アプリの情報を取得する

cordova-plugin-app-version という Cordova プラグインを使うと、当該 Cordova アプリの名前やバージョン名などが調べられる。アプリの利用状況の送信時などに使えそう。

まずはプラグインをインストール。

$ cordova plugin add cordova-plugin-app-version

そして以下のように各種情報を取得できる。

// Promise スタイルに対応しているので、このように使っても良い
window.cordova.getAppVersion.getVersionNumber()
  .then((version) => {
    console.log(version);
  });

// Promise スタイルが使えない場合は以下のようにコールバック関数を渡して呼ぶ
window.cordova.getAppVersion.getVersionNumber(function(version) {
  console.log(version);
});

Promise スタイルにするかどうかはおまかせ。

取得できる情報は以下のとおり。

// アプリ名 : config.xml の name 要素で指定している値
window.cordova.getAppVersion.getAppName(function(appName) { console.log(appName); });

// バンドル ID : config.xml の widget 要素の id 属性で指定している値
window.cordova.getAppVersion.getPackageName(function(packageName) { console.log(packageName); });

// バージョンコード : CFBundleShortVersionString。大抵は config.xml の widget 要素の version 属性で指定している値と同値
window.cordova.getAppVersion.getVersionCode(function(versionCode) { console.log(versionCode); });

// バージョン番号 : CFBundleVersion。大抵は config.xml の widget 要素の version 属性で指定している値と同値
window.cordova.getAppVersion.getVersionNumber(function(versionNumber) { console.log(versionNumber); });

iOS のアプリバージョンについては以下を参照。