Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

cordova-plugin-certificates プラグインを使って自己署名証明書の警告を無視して通信する

SSL/TLSを理解する ~共通鍵暗号・公開鍵暗号・ハッシュ関数・電子署名・証明書~

SSL/TLSを理解する ~共通鍵暗号・公開鍵暗号・ハッシュ関数・電子署名・証明書~

cordova-plugin-certificates という Cordova プラグインを使うと、自己署名証明書 (オレオレ証明書) を使用した SSL 通信時に発生する警告・エラーを無視して通信することができる。

自己署名証明書については以下などを参照。

まずはプラグインをインストールする。

$ cordova plugin add cordova-plugin-certificates

次に自己署名証明書を許容したいタイミングで以下の API を叩く。

window.cordova.plugins.certificates.trustUnsecureCerts(true);

コレだけ。

あとはオレオレ証明書を発行しているサーバとよしなに通信すれば良い。

もし自己署名証明書を許容しないように戻す場合は、引数を false に直して以下のように叩く。

window.cordova.plugins.certificates.trustUnsecureCerts(false);

コレだけ。簡単。