Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Jasmine を使用したユニットテストで便利な「fdescribe・fit」「xdescribe・xit」

達人プログラマー―ソフトウェア開発に不可欠な基礎知識 バージョン管理/ユニットテスト/自動化 (Ascii software engineering series)

達人プログラマー―ソフトウェア開発に不可欠な基礎知識 バージョン管理/ユニットテスト/自動化 (Ascii software engineering series)

  • 作者: デビッドトーマス,マイククラーク,アンドリューハント,David Thomas,Mike Clark,Andrew Hunt,長瀬嘉秀,テクノロジックアート
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 98回
  • この商品を含むブログ (73件) を見る

経験ゼロでもできるプログラミング現場の単体テスト

経験ゼロでもできるプログラミング現場の単体テスト

Jasmine を使用したユニットテストで、「この開発中の機能だけテストを実行したい」「担当外のテストにエラーがあって鬱陶しい」といったことがあるだろう。

そんな時に、指定のテストのみ実行できる fdescribefit と、指定のテストを実行しないようにできる xdescribexit という関数が使える。

使い方は簡単で、通常の describeit を使ったテストコード部分を fdescribe とか xit に書き換えるだけ。fx を1文字付け足せば良い。

x は何となく「×印」の意味で、テストを実行しないことは想像できるけど、f って何だろうなと調べたところ、「Focused」の意味らしい。

簡単に実行対象のテストを設定できる反面、ウッカリこのままテストコードをコミットしてしまいがちなので、fit(xdescribe( といったコードが混じっていないか Grep するようにしよう (もしくは Lint 等でこれらの関数の使用をエラーにすると良い)。