Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Cordova iOS アプリの起動時にステータスバーを非表示にする方法

HTML5とApache Cordovaで始めるハイブリッドアプリ開発 (CodeZine BOOKS)

HTML5とApache Cordovaで始めるハイブリッドアプリ開発 (CodeZine BOOKS)

[iOS/Android対応] HTML5 ハイブリッドアプリ開発[実践]入門 (Software Design plus)

[iOS/Android対応] HTML5 ハイブリッドアプリ開発[実践]入門 (Software Design plus)

Cordova 製のアプリに限らずだが、iOS アプリは Info.plist の修正によって、アプリ起動時にステータスバーを非表示にできる。

Info.plist を直接修正する

Info.plist を直接修正する場合は、以下のように追記すれば OK。

<key>UIStatusBarHidden</key>
<true/>
<key>UIViewControllerBasedStatusBarAppearance</key>
<false/>

XCode で修正する

XCode で修正することもできる。.xcodeproj を開き、Info タブに移動し、「Add row」で行を追加する。

新規行の Key に UIStatusBarHidden という文字列を貼り付けると「Status bar is initially hidden」という文字列に変化する。コレを「YES」に設定する。

さらに新規行を作り、Key に UIViewControllerBasedStatusBarAppearance を貼り付ける。するとこちらは「View controller-based status bar appearance」という文字列に変化するので、「NO」を設定する。

結局はコレで Info.plist を直接書き換えたのと同じ状態になる。


コレで完了。起動時からステータスバーが非表示になったので、画面全体にスプラッシュスクリーンを表示したりするのに向いている。