Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Vagrant で Mac 上に Windows の仮想環境を構築する

Vagrant入門ガイド

Vagrant入門ガイド

MacOS Sierra 上に、VirtualBox + Vagrant を利用して、Windows7 の仮想環境を構築してみようと思う。

VirtualBox をインストールする

まずは、Vagrant で操作する VirtualBox をインストールする。

検証時は v5.2.6 だったが、現在は v5.2.8 が出ている模様。VirtualBox-5.2.6-120293-OSX.dmg をダウンロードしてインストールする。

Vagrant をインストールする

次に Vagrant をダウンロード。

執筆時点のバージョンは v2.0.2 だった。vagrant_2.0.2_x86_64.dmg を開いてインストールする。

Windows イメージをダウンロードする

仮想環境を扱うための準備ができたので、Windows OS のイメージを用意しよう。

Windows OS のイメージをどうやって手に入れるかだが、Microsoft がブラウザのテスト用に、90日間の使用制限付きだが無料でイメージを提供してくれている。コレを利用しよう。

元は「Modern.IE」というプロジェクト名で管理していたものなので、他の文献を探す時は「Modern.IE」といった文言を含めて検索すると色々見付かるかと。

現在は以下のページからダウンロードできる。

このサイトでダウンロードできる環境は以下のとおり。

  • IE8 on Win7 (x86)
  • IE9 on Win7 (x86)
  • IE10 on Win7 (x86)
  • IE11 on Win7 (x86)
  • IE11 on Win81 (x86)
  • MSEdge on Win10 (x64) Stable (16.16299)
  • MSEdge on Win10 (x64) Preview (17.17074)

このうち、今回は IE11 on Win7 (x86) を利用する。

イメージの種類もいくつか選べる。

  • VirtualBox
  • Vagrant
  • HyperV (Windows)
  • Parallels (Mac)

今回は Vagrant を選択し、Vagrant Box をダウンロードする。

ファイルは 4GB 超。IE11.Win7.Vagrant.zip がダウンロードできたら解凍…しようと思ったが、どうも「その操作は許可されていません」というエラーが出てしまい解凍できない。仕方がないので App Store より StuffIt Expander というフリーソフトをインストールして、コレを使って解凍した。

解凍して IE11 - Win7.box というファイルが取り出せた。スペース等が入っていてコマンドラインで扱いづらいので、Win7IE11.box とリネームしておく。

Vagrant Box を登録する

適当な作業ディレクトリを用意し、先程の Win7IE11.box を格納しておく。ターミナルでそのディレクトリに移動し、Vagrant Box を登録する。

# 指定した Vagrant Box ファイルを「win7ie11」という名前で登録する
$ vagrant box add ./Win7IE11.box --name win7ie11
==> box: Box file was not detected as metadata. Adding it directly...
==> box: Adding box 'win7ie11' (v0) for provider: 
    box: Unpacking necessary files from: file:///Users/Neo/vms/Win7IE11.box
==> box: Successfully added box 'win7ie11' (v0) for 'virtualbox'!

Vagrantfile を設定する

次に、Vagrantfile を生成して、各種設定を書き込んでおく。

# Vagrantfile を生成する
$ vagrant init

生成された Vagrantfile をテキストエディタで開き、内容を以下のとおり直す。

Vagrant.configure("2") do |config|
  # VirtualBox の設定
  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    vb.gui = true
    vb.memory = "2048"
  end
  
  # 使う Vagrant Box 名
  config.vm.box = "win7ie11"
  
  # ゲストの OS を指定しておかないとマウント設定などがうまく行かない
  config.vm.guest = "windows"
  
  # ユーザ名
  config.ssh.username = "IEUser"
  
  # パスワード
  config.ssh.password = "Passw0rd!"
  
  # ゲストに SSH 鍵を配置しない (false)
  config.ssh.insert_key = false
  
  # SSH ログインシェルを変更しておく
  config.ssh.shell = 'sh -l'
  
  # Windows に sudo の概念がないので空白に直しておく
  config.ssh.sudo_command = ''
  
  # 共有フォルダ (以下の設定だと無効)
  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", disabled: true
  # 有効にするには以下に書き換える (後述)
  # config.vm.synced_folder "./vagrant", "c:\\vagrant"
end

設定内容は以下のサイトの受け売り。

Microsoft が配布するイメージの「ユーザ名/パスワード」は、IEUser/Passw0rd! になっている。ログオン時に利用することもあるので覚えておこう。

Vagrant で起動する

設定が終わったので、いよいよ Vagrant で起動してみる。

# Vagrant で起動する
$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Importing base box 'win7ie11'...
==> default: Matching MAC address for NAT networking...
==> default: Setting the name of the VM: win7ie11_default_1519804686907_65545
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
    default: Adapter 1: nat
==> default: Forwarding ports...
    default: 22 (guest) => 2222 (host) (adapter 1)
==> default: Running 'pre-boot' VM customizations...
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: IEUser
    default: SSH auth method: password
==> default: Machine booted and ready!
==> default: Checking for guest additions in VM...
    default: The guest additions on this VM do not match the installed version of
    default: VirtualBox! In most cases this is fine, but in rare cases it can
    default: prevent things such as shared folders from working properly. If you see
    default: shared folder errors, please make sure the guest additions within the
    default: virtual machine match the version of VirtualBox you have installed on
    default: your host and reload your VM.
    default: 
    default: Guest Additions Version: 5.0.4
    default: VirtualBox Version: 5.2

「Starting Windows」的な黒い画面が表示され、デスクトップ画面が表示された。

f:id:neos21:20180228234252p:plain

共有フォルダ設定をしてみる

とりあえず Windows 環境が開始できたので、仮想環境にデータを持ち込みやすくするため、共有フォルダを設定する。

先程の Vagrantfile があるディレクトリに、vagrant ディレクトリを作っておく。

そして Vagrantfile を開き、

  • config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", disabled: true

この部分を、

  • config.vm.synced_folder "./vagrant", "c:\\vagrant"

と変え、$ vagrant reload で再起動する。

すると、Vagrantfile があるディレクトリに置いた vagrant ディレクトリが、C:\vagrant\ フォルダとして参照できるようになる。

起動時に警告らしきメッセージが表示されたが、特に問題なく共有フォルダが利用できている。

Windows を日本語化してみる

Windows OS のイメージは全て英語表示になっている。そのままでも使えるが、とりあえず日本語化しておく。

Windows Update を利用したりして言語パックを入れても良いが、言語パックのインストーラファイルを用意してインストールする方法をとってみる。

このサイトに従い、以下の MUI のインストーラ (KB2483139) をダウンロードする。

ゲストの Windows にファイルを移し、管理者権限で実行しインストールする。

インストールが終わったら、コントロールパネル内の設定より「日本語」を選択する。一度ログオフすると反映され、日本語表示されるようになる。

その他、以下の設定を変えておく。

  • システムロケールを日本にしておく。こちらは再起動になるが、VirtualBox・Vagrant であっても自動的に再起動してくれる。
  • 「日付と時刻の設定」で日本のタイムゾーンを選んでおく。
  • 「テキストサービスと入力言語」で「日本語 (日本) - Microsoft IME」を選べば、日本語入力もできるようになる。
  • あとは使用しているキーボードの種類に応じて、お好みで日本語配列に設定したり、キー設定しておけば OK。

完了

コレでひととおりの環境構築は完了。あとはココに好きなツールを入れて、よきところで再度 Box 化しておくと良いだろう。

$ vagrant package で、変更を入れた環境を Box 化できる。

90日間の使用期限はあるものの、環境構築を1日で済ませて Box 化しておけば、89日・およそ四半期に一度、スナップショット時点に戻すだけ。さほど困ることもないだろう。

その他参考。