Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

ls の結果を大文字小文字区別せずソートする

入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界

入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界

  • 作者: ブルース・ブリン,Bruce Blinn,山下哲典
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 単行本
  • 購入: 18人 クリック: 331回
  • この商品を含むブログ (64件) を見る

Windows の GitBash だと普通に並んだのだけど、Mac のターミナルだと ls のソートの仕方が「大文字 A to Z」→「小文字 A to Z」という並びになっていた。

どうやら Unix の歴史的には大文字と小文字を区別してソートする方が一般的なようだが、どうも慣れないので試行錯誤してみた。

$ ls -l | sort -f -k 6

ls -l コマンドの結果をパイプで sort コマンドに渡し、-f (= --ignore-case) オプションを指定してソートすると上手く行った。