Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Jenkins に入れて良かったプラグイン4選

Effective DevOps ―4本柱による持続可能な組織文化の育て方

Effective DevOps ―4本柱による持続可能な組織文化の育て方

Jenkins に入れてちょっと役に立ったプラグインを紹介する。

PegDown Formatter Plugin

PegDown Formatter Plugin を入れると、ジョブの説明文などに Markdown が使えるようになる。

インストール後、「グローバルセキュリティの設定」→「マークアップ記法」より「PegDown」を選ぶと有効になる。

Markdown の中に HTML も書けるようになるので良い感じ。

Extra Columns Plugin

Extra Columns Plugin は、ビューに「テスト結果」「プロジェクト説明」などのカラムを追加できるようになる。

類似のプラグインに「Description Column Plugin」などがあるが、PegDown Markdown を入れている場合、Markdown や HTML をパースして表示できないので、この Extra Columns Plugin の方が良いだろう。

Job Configuration History Plugin

Job Configuration History Plugin を入れると、ジョブの変更履歴が残せるようになる。

ジョブの左メニューに「設定の変更履歴」が登場し、ジョブ定義の XML ファイルの差分が参照できるようになる。

Sidebar Link

Sidebar Link を入れると、サイドバー (左メニュー) に任意のリンクを追加できるようになる。

設定はグローバル設定から。

Chuck Norris Plugin

Chuck Norris Plugin を入れると、ジョブの背景にチャック・ノリスが登場する。失敗するジョブも成功扱いになりそう (ならない)。


以上。Jenkins は大量にプラグインがあって面白い。