Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Homebrew のインストール方法と基本的な使い方

これから学ぶmacOSターミナル

これから学ぶmacOSターミナル

以前、Homebrew Cask のインストール方法の流れで Homebrew のインストール方法を紹介していたので、Homebrew 単体の記事として書き直しつつ、基本的な使い方を紹介する。

Homebrew とは

Homebrew (ホームブリュー) とは、MacOS 用のパッケージ管理システム。これを通してソフトを入れるようにすることで、諸々の管理を Homebrew に統合できる。Windows だと同様のパッケージ管理システムとして Chocolatey (チョコレーティ) というツールがある。

neos21.hatenablog.com

インストール方法

Homebrew の導入に際しては Command Line Tools for Xcode という MacOS 関連ツールを入れないといけない。「ターミナル.app」を開いたら、以下のコマンドで Xcode コマンドラインツールをインストールする。

$ xcode-select --install

次に Homebew をインストールする。公式サイトに書かれているコマンドをターミナルにコピペしてインストールする。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

途中、Mac のログインユーザのパスワードを尋ねられるので入力する。通常 Mac 用のアプリをウィザードでインストールする時に聞かれるのと同じ感覚。

インストールが終わったら、brew doctor で Homebrew がうまく使える状態になったか確認する。

$ brew doctor

Your system is ready to brew.

これで準備完了。

Homebrew を使ってパッケージをインストールする

Homebrew を使って目的のパッケージをインストールするには、以下のように書く。

# 「jq」というツールをインストールする
$ brew install jq

Homebrew はインストール時に Formula (フォーミュラ) と呼ばれるスクリプトを落としてきて、そのスクリプトに沿ってインストール作業を自動実行してくれる。

Homebrew でインストールしたツール一覧を確認する

Homebrew でインストールしたツールの一覧を表示するには、以下のように入力する。

$ brew list

# 各パッケージのバージョン情報も確認するには「--versions」オプションを付ける
$ brew list --versions

Homebrew 本体・インストール済ツールのアップデート

Homebrew 本体をアップデートするには、Update する。

$ brew update

Homebrew 本体をアップデートしつつ、Homebrew でインストールしたツールたちをバージョンアップするには、Upgrade を使う。

$ brew upgrade

定期的に brew upgrade で更新しておくと良いだろう。

以上

これで Homebrew の基本的な使い方をおさらいできた。