Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

npm パッケージとして配信するブログを作ってみた : @neos21/neos-npm-blog

npmjs.com は npm パッケージをホスティングするレジストリである。アカウント登録さえすれば誰もが npm パッケージをアップロード・公開できる。

ということは、npm パッケージの体裁さえ取っていれば、極端な話、好きなファイルを npm publish して、npmjs をホスティングサイトのように使えるのではないだろうか。

…と思い、npm パッケージとしてブログを配信するというネタを思い付いた。

実際に作ってみたのが、@neos21/neos-npm-blog である。

仕組み

@neos21/neos-npm-blog の仕組みはこうである。

  • ブログ配信者 (僕) は、本パッケージ内にブログ記事を構成する Markdown ファイルを格納し、npm publish する。
  • ブログの読者は、本パッケージをグローバルインストールする。
  • ブログの読者は、本パッケージのコマンドを実行して記事を読める。

つまり、npm publish でアップロードするパッケージの一部として、記事データもアップロードしてしまおう、ということだ。

では早速「npm パッケージ形式のブログ」を読んでいただこう。

インストール方法

まずは @neos21/neos-npm-blog を npm でグローバルインストールする。

$ npm install -g @neos21/neos-npm-blog

コマンド

グローバルインストールすると、neos-npm-blog というコマンドが使えるようになる。

$ neos-npm-blog

引数なしでコマンドを実行すると、npmjs 上に最新バージョンが Publish されていないかを確認し、インストールされているバージョンの最新記事をコンソール表示する。

インストールしてあるパッケージの自動アップデートなどはしないので、そこは各自でアップデートしてほしい…。

記事のファイルがどれだけあるのかは、以下のコマンドで確認できる。

$ neos-npm-blog list
$ neos-npm-blog ls

このパッケージでは、記事データは一律 YYYYMMDD.md という名称で統一している。

過去記事を表示したい場合は以下のように日付 (ファイル名) を指定する。

$ neos-npm-blog show 20180428
$ neos-npm-blog show 20180428.md

末尾に .md を付けても付けなくても OK。

一応ヘルプも用意した。

$ neos-npm-blog --help
$ neos-npm-blog help

以上

ネタとしては面白いかな?と思って作ってみた。ブログとしては本気で更新するつもりはないので、このまま放置かな…w

世界一わかりやすい「差別化ブログ」起業術

世界一わかりやすい「差別化ブログ」起業術