Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Homebrew でインストールできる役立つユーティリティを調べてみた

MacOS の Homebrew でインストールできる、お役立ちユーティリティを調べてみた。今回は3つ紹介。

moreutils

便利コマンド一式。

$ brew install moreutils

インストールされたコマンドは以下のように確認できた。

$ find /usr/local/Cellar/moreutils/0.62/bin | sed 's!^.*/!!'
bin
chronic
sponge
ifdata
errno
parallel
zrun
pee
combine
ifne
lckdo
vidir
mispipe
vipe
ts
isutf8

chronic とか isutf8 とか、サッとやりたいけどコマンド覚えてないよ、みたいなヤツのエイリアスとして。

dateutils

日付操作に関するコマンド集。

$ brew install dateutils

インストールできるコマンドは以下で確認できた。

$ find /usr/local/Cellar/dateutils/0.4.3/bin/ -type f | sed 's!^.*/!!'
dateround
dateadd
strptime
datezone
datediff
dateconv
dategrep
dateseq
datetest
datesort

エイリアスもあるので、それも確認しておこう。

$ ls -l /usr/local/Cellar/dateutils/0.4.3/bin/

tldr

man コマンドが長過ぎて読んでらんねえよ!という人に。

$ brew install tldr

試しに ls コマンドを調べてみる。$ man ls との差を比べてみて欲しい。

$ tldr ls

ls

List directory contents.

- List files one per line:
    ls -1

- List all files, including hidden files:
    ls -a

- Long format list (permissions, ownership, size and modification date) of all files:
    ls -la

- Long format list with size displayed using human readable units (KB, MB, GB):
    ls -lh

- Long format list sorted by size (descending):
    ls -lS

- Long format list of all files, sorted by modification date (oldest first):
    ls -ltr

要約!!って感じ。

インストールは npm を使って $ npm install -g tldr でも可能。

以上。コマンドはどんどん入れて便利にしていこうず。

UNIXシェルスクリプトコマンドブック 第3版 (コマンドブックシリーズ)

UNIXシェルスクリプトコマンドブック 第3版 (コマンドブックシリーズ)