Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Windows10 に Windows Movie Maker をインストールする

Windows Movie Maker は2017年1月にサポートが終了し、Windows10 には既に同梱されていない。

そこで今回は、Windows ムービーメーカーを手動でインストールしてみようと思う。

Windows ムービーメーカーをダウンロードする

Windows Movie Maker は以下のページからダウンロードできる。

ページ下部の「Download Windows Movie Maker 2012 16.4.3528.0331 for Windows」リンクを選択し、モーダルから「Softpedia Secure Download (US)」を選択する。

すると wlsetup-all.exe というファイルのダウンロードが始まる。

Windows ムービーメーカーをインストールする

ダウンロードした wlsetup-all.exe を開く。

「Choose the programs you want to install」を選択する。

次の画面で「Photo Gallery and Movie Maker」のみチェックを入れ、「Install」ボタンを押下する。

もしココでインストールに失敗すると、次のようなエラーが出る。

Couldn't install programs
Couldn't install these programs: フォトギャラリーとムービーメーカー

An unknown error occurred.
Error: 0x800c0006
Source: UXPlatformLang

コレは言語の問題によるエラー。一旦「Close」ボタンを押して終了する。

ひとまずココで、Movie Maker がインストールできているか確認する。

C:\Program Files (x86)\Windows Live\Photo Gallery\ 配下に MovieMaker.exe があれば OK。

試しに MovieMaker.exe を起動してみると、「Windows Essentials 2012」というダイアログが表示される。「Accept」を押して進むと、英語版の Windows Movie Maker が起動する。

一応このままでも使えるが、このあと日本語化してみる。

Windows ムービーメーカーを日本語化する

もしココで C:\Program Files (x86)\Windows Live\Photo Gallery\ 配下に en というディレクトリがあったら削除しておく。

日本語化用のファイルを以下からダウンロードする。

ja.lzh を解凍し、ja ディレクトリごと C:\Program Files (x86)\Windows Live\Photo Gallery\ 配下にコピーする。

コレで MovieMaker.exe を起動すると、日本語化された Windows ムービーメーカーが起動できるはずだ。


以上。ちょっとした動画を作るだけなら Windows ムービーメーカーはとても手軽なので、こうして使えるとありがたい。

Windows10がぜんぶわかる本 決定版 (洋泉社MOOK)

Windows10がぜんぶわかる本 決定版 (洋泉社MOOK)