Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Excel の数式で文字列を数値に・半角カタカナを全角カタカナに・英語をパスカルケースに

Excel の数式でちょっとした変換系。

文字列を数値に変換する

「書式設定」が「文字列」になっているセルに数値が入力されていると、文字列として解釈されているので左寄せで表示される。

このセルを参照し、「数値」として認識させるセルを作るには、VALUE() 関数を使う。

=VALUE(A1)

半角カタカナを全角カタカナに変換する

半角カタカナが入力されているセルを参照し、全角カタカナに変換するには、PHONETIC() 関数を使う。

=PHONETIC(A1)

コレは、参照しているセル (この場合 A1 セル) の「ふりがな」の設定を利用している。対象セルのふりがな設定を変更すれば、この関数での変換結果にも影響する。

英語をパスカルケースに変換する

全て大文字で記載されている英語のセルを参照し、パスカルケースに変換するには、PROPER() 関数を使う。

=PROPER(A1)

コレで、「E-MAIL ADDRESS」といった値は「E-Mail Address」と変換される。

関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方 (できるビジネス)

関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方 (できるビジネス)