Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Swift iOS アプリで一定時間後に処理をする

Swift にて、JavaScript における setTimeout() 的なことをやる方法。

環境情報

  • 対象 iOS バージョン:v11.3
  • Xcode:v9.3 (9E145)
  • Swift:v4.1 (swiftlang-902.0.48 clang-902.0.37.1)

処理を遅らせるには DispatchQueue.ayncAfter()

任意の処理を遅らせて実行するには、DispatchQueue.asyncAfter() を利用する。

// 処理を現時点から0.5秒後に実行する
DispatchQueue.main.asyncAfter(deadline: DispatchTime.now() + 0.5) {
  print("0.5秒後に実行")
}

JavaScript でいう setTimeout() と同じようなものだ。

setTimeout(() => {
  console.log('0.5秒後に実行');
}, 500);

作って学ぶ iPhoneアプリの教科書 【Swift4&Xcode 9対応】 ~人工知能アプリを作ってみよう! ~(特典PDF付き)

作って学ぶ iPhoneアプリの教科書 【Swift4&Xcode 9対応】 ~人工知能アプリを作ってみよう! ~(特典PDF付き)