Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

エクスプローラのコンテキストメニューを整理できる ShellExView を使ってみた

エクスプローラのコンテキストメニューが長くなってきて、開く度に処理がつっかえるので、なんとかならないか調べた。

レジストリ変更や様々なツールを試してみたが、一番手軽に使えたのは「ShellExView」というフリーソフトだった。今回はコレを紹介する。

ツールは上のサイトの下段からダウンロードする。64bit Windows の人は「Download ShellExView for x64」リンクのファイルを利用する。

Zip を解凍して exe ファイルを開くとツールが起動する。インストール等の必要はナシ。

なんだか昔ながらの UI で懐かしさを感じるが、Windows10 でも正しく動く。

要らない項目を見つけたら、右クリックして「Disable...」を選ぶと、その項目を無効にできる。元に戻したい場合は「Enable...」項目を選べば良いので、無効にしてしまって大丈夫か心配な項目も、お試しでイジりやすい。

自分が触った限りだと、「open」系のエクステンションを無効にしてしまうと、Win + R でエクスプローラが開けなくなったり、関連付けされているはずのファイル形式なのに毎回「プログラムから開く」画面が出てしまったりしたので、あまり不用意に無効化しない方が良さそう。とはいえ、物理削除するワケではなく、その場でサッと戻せるのでありがたい。

このフリーソフトでだいぶコンテキストメニューが軽くなった。