Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Mac で指定の HTML ファイルを Chrome で開くコマンドを用意する

MacOS High Sierra にて検証。

僕は普段、.html ファイルを CotEditor というテキストエディタに関連付けしている。Finder から .html ファイルをダブルクリックすると、CotEditor で開くワケだ。

この状態で、ターミナルから $ open index.html のように open コマンドを使うと、HTML ファイルが CotEditor で開かれる。open コマンドは関連付けされているアプリで対象のファイルを開くのだ。

しかし、ターミナルから .html ファイルを開く時、Chrome ブラウザで開いて欲しい時もある。どうしたら良いか。

そこで調べてみたところ、open コマンドは -a オプションで使用するアプリケーションを選択できることが判明。以下のように叩けば、必ず Chrome アプリを使って指定の HTML ファイルが開ける。

$ open -a "Google Chrome" index.html

ついでだからコレをエイリアスとして ~/.bashrc にでも追加しておこう。

alias chrome='open -a "Google Chrome"'

こうしておけば、

$ chrome index.html

なんて叩くことで、Chrome アプリを使って指定の HTML ファイルが開けるようになる。

同じ要領で、Firefox や Safari を指定することもできる。

$ open -a Firefox index.html
$ open -a Safari index.html

# エイリアスにするならこう
alias firefox='open -a Firefox'
alias safari='open -a Safari'

ついでに、このやり方で URL を開くこともできる。

$ open -a "Google Chrome" http://example.com/

# エイリアスにしてあればこんな風に
$ chrome http://example.com/

Mac アプリをターミナルから開く時は open -a。覚えた。