Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

新規ブランチの Git Push 時に --set-upstream オプションを省略する

Git のちょっとした手間を省く小技。

リモートにも存在する master ブランチから、ローカルで $ git checkout -b feat/new-branch というように新規ブランチを生成し、それを git push しようとすると、

$ git push
fatal: The current branch feat/new-branch has no upstream branch.
To push the current branch and set the remote as upstream, use

    git push --set-upstream origin feat/new-branch

といったエラーメッセージが表示される。

いつも、ココに表示されているコマンドをそのままコピペすることで、これは一つ「新規ブランチを作った時の儀式」的になっていたのだが、このメッセージを出さずに、自動的に git push -u してくれる設定があった。

この記事によれば、

$ git config --global push.default current

このように、push.default 項目に current を設定してやれば良い。

.gitconfig での書き方は以下のとおり。

[push]
  default = current

コレで、リモートに存在しないブランチも一気に Push できるようになった。

サルでもわかるGit入門

サルでもわかるGit入門

  • 作者: 大串肇,アクツユミ,一戸健宏,兼清慮子,齋木弘樹,清野奨,福嶌隆浩,株式会社ヌーラボ
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2018/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る