Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

MacOS にも PowerShell が入れられたので使ってみた

何やら Mac でも PowerShell が使えるらしく、そんなに使うことはないだろうけど、とりあえず入れてみた。

Homebrew からインストールできる。

$ brew cask install powershell

起動は pwsh コマンド。powershell コマンドではないので注意。

$ pwsh

そこからはおなじみ PowerShell のプロンプトが始まる。

PS /Users/Neo> 

コマンド群は、Mac ターミナル上のコマンドが優先されてしまうので、lsrm は PowerShell としてではなく、Bash コマンドとして解釈されていることに注意しよう。

PS /Users/Neo> Get-ChildItem


    Directory: /Users/Neo


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----       2018/09/10      9:36                Applications
d-----       2018/11/28     13:26                Desktop
d-----       2018/09/10      9:36                Documents
d-----       2018/12/05     14:34                Downloads

Mac のディレクトリが PowerShell で見えている不思議さ…。

ひととおり、表面的な PowerShell コマンドレットは使えるようだ。Windows 環境で作られた PowerShell コードを簡易的に使ってみる際などに使えるだろう。

PowerShell実践ガイドブック ~クロスプラットフォーム対応の次世代シェルを徹底解説~

PowerShell実践ガイドブック ~クロスプラットフォーム対応の次世代シェルを徹底解説~