Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

CotEditor で開いているファイルを VSCode で開く Bash コマンド (AppleScript 併用)

Windows における WSH ばりに GUI ウィンドウを操作できる、MacOS の AppleScript。

今回は、「今 CotEditor で開いているファイルを、VSCode で開き直したいなぁ」という時の操作を Bash コマンド化してみる。

結論からいくと、コマンドとしてはコレだけ。

open -a 'Visual Studio Code' $(osascript -e 'tell application "CotEditor" to get path of document 1')'

エイリアスにするなら、シングルクォート ''\'' とエスケープして、以下のとおり。

alias cotvs='open -a '\''Visual Studio Code'\'' $(osascript -e '\''tell application "CotEditor" to get path of document 1'\'')'

CotEditor ウィンドウの、最前面で開かれているファイルのパスを open コマンドに渡している。で、open コマンドの -a オプションを使って VSCode で開かせているというワケ。

CotEditor が開いているかどうか、最前面のファイルが存在するかどうか、といった確認をしていないので、CotEditor を終了させていたり、最前面で「名称未設定」なファイルを開いていたりするとエラーになる。AppleScript のエラーハンドリングがまだ分からないのと、個人で使うコマンドだからいいやと思って諦めている。w

Visual Studio Codeデバッグ技術 (技術書典シリーズ(NextPublishing))

Visual Studio Codeデバッグ技術 (技術書典シリーズ(NextPublishing))