Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Oracle Cloud 関連サービスで見かけるアイコンの呼称

最近 Oracle Cloud をちょくちょく使っているのだが、管理画面に登場する謎のアイコンが2つあったので、その呼び名を調べてみた。

アクション・アイコン … 3点リーダのアイコン

・・・

こういう3点リーダのアイコンからメニューが開いて、何か操作できたりするモノがある。

コレは、「Action Icon」「アクション・アイコン」と公式で呼ばれていた。

メニュー・アイコン … 4本線の一番上だけ長いヤツ

----------
 --------
 --------
 --------

このように、4本線で、一番上の線だけが長いアイコンも見かける。機能的には前述の「アクション・アイコン」とよく似ていて、押すとメニューが開く。

コレは、ガイドでは「Menu Icon」「メニューアイコン」と呼ばれていた。

ただ、「Cloud My Services」ダッシュボード画面に表示される酷似したアイコンのツールチップは、「アクション・メニュー」と表記されていた。「アクション・アイコン」と「メニュー・アイコン」のハイブリッドがおる……。

以上

3点リーダの Action Icon は OCI (IaaS) でよく見かけて、4本線の Menu Icon は Digital Assistant みたいな PaaS でよく見かける感じがする。

Oracle Cloud サービス群は色んな製品を強引に統合している感じがして、このような UI 面も統一感が少ない。実際の操作上は「アイコンの違い」自体で困ることはほぼないが、そうした細部からの思想がサービスごとに違うので、使っていて違和感が凄い。

ひとまず、オレオレ手順書メモを書いたりする時に何と表現するかの根拠はできたので、これでよき。

ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン

ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン

  • 作者: 川合俊輔,大本あかね,菊池崇
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2017/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る