Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Mac 向けの TTF・TTC 形式のフォントファイルを OTF 形式に変換し Windows でも使えるようにする

フォントファイルにはいくつかの形式があるが、中でも TrueType フォントである .ttf 形式のファイルは、Windows と Mac とで中身が全く違い、互いの OS で共用できないのが難点。

また、この TTF 形式のフォントファイルを複数格納している .ttc フォントも、当然 Mac から Windows に持ち込んだだけでは使い物にならない。

今回は、こうした「Mac で使える .ttfttc 形式のフォント」を、Windows で使えるようにする方法を紹介する。

.ttc ファイルを UniteTTC で分解する

まずは TTC ファイルの場合のみ必要な手順。

Mac から .ttc ファイルを Windows に持ち込んだら、UniteTTC という Windows 向けのツールを使って、.ttc ファイルを複数の .ttf ファイルに分解してやる。

UniteTTC は上のページよりダウンロードする。

Windows コマンドプロンプトにて、次のように実行する。

> unitettc64.exe from.ttc

こうすると、from1.ttffrom2.ttf といったファイルが分解・生成される。

.ttf ファイルをオンラインコンバーターで .otf ファイルに変換する

Mac から .ttf ファイルを持ち込んだ場合はこの手順から。.ttc ファイルは前述の手順で .ttf ファイルに分解したところから。

コチラの、Fonts2U が提供する「オンラインコンバーター」を使い、.ttf ファイルを .otf 形式に変換する。

こうして変換した .otf ファイルを Windows にインストールしてやれば、そのフォントが正常に利用できる。

他に変換できるモノ・できないモノ

  • Mac 向けの .dfont 形式のファイルも、オンラインコンバーターで .otf 形式に変換すれば Windows で使えるようになる
  • Mac 向けの .otf 形式のファイルは、オンラインコンバーターで .ttf 形式などに変換しても Windows で上手く使用できなかった
  • 例えば Apple Color Emoji.ttc のような、MacOS でないと動作しないフォントファイルは変換しても Windows では使えない

以上。とにかく .otf 形式に変換できれば大概のフォントは Mac と Windows で共用できそうだ。

ほんとに、フォント。 フォントを活かしたデザインレイアウトの本

ほんとに、フォント。 フォントを活かしたデザインレイアウトの本