Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Kubernetes のオシャレな管理コンソール「k9s」

Kubernetes クラスタを管理する時に使うのが kubectl だが、この kubectl の機能を発展させ、ターミナル上でイイカンジに Pod の閲覧・操作ができる CLI ツールを見つけたので紹介。「k9s」というツールだ。

スクリーンショットを見れば、どんな感じか分かると思う。

公式スクリーンショット

インストール方法

MacOS Mojave では Homebrew を使って入れるのが簡単。

$$ brew tap derailed/k9s
$$ brew install k9s

Linux の場合、バイナリを取得して使うのが良いかも。

# TarBall をダウンロードする
$ wget https://github.com/derailed/k9s/releases/download/0.6.6/k9s_0.6.6_Linux_x86_64.tar.gz

# TarBall から k9s というファイルだけを解凍して取り出す
$ tar xvf k9s_0.6.6_Linux_x86_64.tar.gz k9s

# 実行権を付与
$ chmod +x ./k9s

# k9s ファイルを PATH が通っているところに配置する
$ mv ./k9s /usr/local/bin/

tar xvf で解凍する際、そのアーカイブの中のファイルパスを指定すれば、指定のファイルだけが解凍できる。コレ便利。

最近は Go で作られたシングルバイナリをよく見かける。便利。

使い方

インストール後は $ k9s コマンドを叩くだけ。管理画面に移動し、上段に操作方法、下段に Pod 一覧が表示される。

Pod 一覧には以下のような情報が表示されている。

  • Pod 名
  • Pod のステータス
  • CPU 使用率
  • メモリ使用率
  • その Pod が動作している Worker Node 名

さらにココから、以下のような操作が可能。

  • l : ログの確認 (kubectl logs)
  • s : Pod 内コンテナのシェルへの接続 (kubectl exec)
  • d : Pod の詳細確認 (kubectl describe)
  • Ctrl + d : Pod の破棄 (kubectl delete)

hjkl などの操作の他、: でコマンドモードになったりなど、CUI ツールって感じ。終了は Ctrl + C か、:quit など。

機能的には kubectl でできることの拡張に過ぎないが、何より開いている感じがカッコイイのでオヌヌメ。個人的にはあと k8stail を入れておけば Kubernetes の管理は十分できるなぁ〜。

Kubernetes完全ガイド (impress top gear)

Kubernetes完全ガイド (impress top gear)

Kubernetes実践ガイド

Kubernetes実践ガイド