Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Homebrew でインストールしたツールを実行したら「Insecure world writable dir」とかいうエラーが出た件の対処法

MacOS Mojave にて、Homebrew でインストールした ghi というツールを実行したところ、以下のようなエラーが出た。

/usr/local/Cellar/ghi/1.2.0_4/libexec/bin/ghi:128: warning: Insecure world writable dir /usr in PATH, mode 040777

ワーニングメッセージが出るだけで、その後は正常にツールが動作する。実害はないが気になる。

なんだろうこれー突然出るようになったなー、と思ったが、少し前に何かのノリで、/usr/local/ ディレクトリのパーミッションを 777 にしたのが悪かった様子。

要するに/usr/ ディレクトリ配下に書き込み権限があるのは安全じゃないですよ」という警告だったので、次のように書き込み権限だけを外してあげることで、ワーニングメッセージが出なくなった。

$ sudo chmod go-w /usr/
$ sudo chmod go-w /usr/local/