Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

ファイラを標準の「ファイル Nautilus」から「Nemo」に変更する

Ubuntu 18.04 には「Nautilus」というファイラが標準搭載されているが、どうにも使いづらいので代替品を探してみた。すると Nemo というヤツが人気らしく、次期 Ubuntu には標準搭載されるらしいというのだ。

Nemo は現時点でも、Ubuntu ソフトウェアからインストール可能 (表示名は「Files」になっているが)。もしくは以下のコマンドでインストールする。

$ sudo apt install -y nemo

Nemo を標準のファイルマネージャに設定するには以下のように入力する。

$ xdg-mime default nemo.desktop inode/directory application/x-gnome-saved-search
$ gsettings set org.gnome.desktop.background show-desktop-icons false
$ gsettings set org.nemo.desktop show-desktop-icons true

かなりエクスプローラや Finder に近くてよきよき。

ファインディング・ニモ (吹替版)

ファインディング・ニモ (吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

Ubuntu で visudo すると nano エディタが開くので vim に変更する

Ubuntu 18.04 で $ visudo を実行すると、nano というエディタが開いた。使い方が分からないので Vim に戻そうと思う。

$ sudo update-alternatives --config editor
alternative editor (/usr/bin/editor を提供) には 4 個の選択肢があります。

  選択肢    パス              優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /bin/nano            40        自動モード
  1            /bin/ed             -100       手動モード
  2            /bin/nano            40        手動モード
  3            /usr/bin/vim.basic   30        手動モード
  4            /usr/bin/vim.tiny    15        手動モード

現在の選択 [*] を保持するには <Enter>、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:  # ココで「3」と入力して Enter
update-alternatives: /usr/bin/editor (editor) を提供するためにマニュアルモードで /usr/bin/vim.basic を使います

コレで OK。

$ sudo update-alternatives --set editor /usr/bin/vim.basic と指定しても良いようだ。

Ubuntu 18.04 + US キーボードで日本語入力環境を整える

Ubuntu 18.04 をインストールした、US 配列の ThinkPad X250 で、自分の理想の日本語入力環境を整えていく。

自分の日本語入力環境

自分がコレまで MacOS や Windows で整えてきた日本語入力環境をおさらいする。

  • US キーボードを使用する (「半角 / 全角」キーなどが存在しない)
  • IME には「Google 日本語入力」を使用する
  • MacOS の場合は左右の Cmd キー、Windows の場合は左右の Alt キーで、IME のオン・オフを切り替える
    • MacOS では「Karabiner-Elements」と「英かな」の併用で実現している
    • Windows では AutoHotKey の「Alt-IME」というプラグインで実現している
    • 万が一これらのツールが効かなくなった場合は、Control + Space で切り替えられるようにしておく

ということで、Ubuntu 環境でもコレに近い環境を実現したい。

実現方針

以下のような方針で実現していこうと思う。

  • Linux には「Google 日本語入力」はなく、オープンソース版の「Mozc」を代わりに使用する
  • Linux には、IME のオン・オフなどを管理する「インプット・メソッド」という概念・ツールが存在する。コレには Fcitx を使う (Ibus よりも柔軟で使いやすいらしい)
  • Alt キーでの切り替えは、どうも Fcitx で実現できるようなので、試していく
    • コレが万一できない場合は Ctrl + Space で切り替えられるようにしておく

セットアップ手順

まずは以下のソフトをインストールしていく。

  • Fcitx
  • Fcitx 設定
    • Fcitx 本体と、設定画面を開くためのパッケージ
    • Ubuntu ソフトウェアからダウンロードできる
    • もしくは $ sudo apt install fcitx fcitx-configtool
  • Fcitx-Mozc
    • $ sudo apt install fcitx-mozc でインストールする

インストールが終わったらいったん「再起動」する。

  • 設定 → 地域と言語 (gnome-control-center region) → 入力ソース
    • 「英語 (US)」→「mozc-jp」と並べておく
  • 入力メソッド (im-config) : Ubuntu 標準搭載
    • fcitx を選択する
    • もしくは $ sudo im-config -n fcitx

インプット・メソッド設定を変更したらまた「再起動」する。

再起動後、「Fcitx 設定」を開く。

  • 「入力メソッド」タブ
    • 「キーボード - 英語 (US)」を一番目に配置する
    • 「Mozc」を2番目に配置する
  • 「全体の設定」タブ
    • 下部の「Show Advanced Options」にチェックを入れ、全ての設定を出す
    • 入力メソッドのオンオフ : Ctrl+SpaceAlt+バックスラッシュ を設定しておく (お好みで)
    • 入力メソッド起動のその他のキー : 無効
    • 入力メソッドをオンに : Ralt (右 Alt キー)
    • 入力メソッドをオフに : Lalt (左 Alt キー)

最後の2つ、「入力メソッドをオンに / オフに」の設定がミソ。コレのおかげで Alt 空打ちでの IME 切り替えができるようになる。

Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix 使い方が全部わかる本

Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix 使い方が全部わかる本

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: Kindle版

ThinkPad X250 に載せた空の SSD に、ライブ USB メモリを使って Ubuntu をインストールする

Linux 専用機を作るべく、ThinkPad X250 を購入。内蔵 HDD を SSD に換装し、「Rufus」を使って「Ubuntu Desktop 18.04.3 LTS 日本語 Remix」のイメージを USB メモリに書き込んだ。

今回はこの続きで、ライブ USB メモリを使って Ubuntu のインストールを行っていく。

BIOS でブート順を変更しておく

換装した空の SSD よりも先に、USB メモリを読み込んでブートさせたいので、BIOS でブート順序を変更しておこう。

ThinkPad の電源を入れたらすぐに F1 キーを数回押下し、BIOS 画面に入る。

BIOS 画面に入ったら、「Startup」→「Boot」と進み、「Boot Priority Order」画面に入る。ココで「+」キーや「-」キーを使って、ブート順を変更する。

f:id:neos21:20200218000127j:plain

f:id:neos21:20200218000054j:plain

f:id:neos21:20200218000059j:plain

USB メモリを挿した状態でこの画面に入ると、「USB Flash Disk」とかいう表示になっている項目があると思うので、コレを上部に寄せておき、SSD より先に読み込むようにしておく。

SSD は「ATA HDD0 【メーカ名や製品名】」といった項目で表示されていると思うので、コレは下の方に寄せておく。

並び替えが終わったら F10 キーを押下し、設定を保存して BIOS を終了する。

f:id:neos21:20200218000105j:plain

USB メモリからブートする

ブート順を変更して再起動すると、挿入しているライブ USB メモリから優先的にブートされる。

f:id:neos21:20200219235717j:plain

f:id:neos21:20200219235712j:plain

f:id:neos21:20200219235542j:plain

このように画面が進んでいく。「Ubuntu を試す」を選択すると、USB メモリだけで Ubuntu が動作する。ファイルなどは保存されないので、あくまで試用、という感じ。

「インストール」を選択するとインストールウィザードが始まるが、その前に設定を確認するため、ひとまず「Ubuntu を試す」を選択する。

デスクトップが表示されたら、左上の「アクティビティ」を選択し、検索窓に「gnome-disk」と入力、ヒットしたアプリアイコンを選択する。

f:id:neos21:20200219235547j:plain

内蔵 SSD や USB メモリのデバイス情報が表示されるので、内蔵 SSD のデバイスを確認しておく。ココでは /dev/sda であることが分かる。

f:id:neos21:20200219235553j:plain

コレが確認できたらアプリを閉じ、デスクトップ上のアイコンをクリックする。先程と同じ二択の画面が開くので、「インストール」を選択する。

f:id:neos21:20200219235558j:plain

「インストール」を選択してウィザードが始まると、最初にキーボードレイアウトを質問される。自分の ThinkPad X250 は英字配列なので、US キーボードを選択する。コレは言語設定とは直接関係しない。

  • 自分は「日本語 Remix」イメージを使用しているので若干手順が異なるかもしれない。通常のイメージだとキーボードレイアウトの前に言語を問われる画面があるかもしれない

続いて、Wi-Fi への接続画面が出てくる。インストール時に追加で必要なパッケージをダウンロードしたり、インストール直後のシステムアップデートに使えたりするので、Wi-Fi 接続をしておくと良いだろう。

f:id:neos21:20200219235603j:plain

f:id:neos21:20200219235608j:plain

続いて「アップデートと他のソフトウェア」画面に移動する。ココでは、「グラフィックスと Wi-Fi ハードウェアと追加のメディアフォーマットのサードパーティ製ソフトウェアをインストールする」にチェックを入れておくと良い。

f:id:neos21:20200219235613j:plain

次に「インストールの種類」画面が出る。まっさらな内蔵 SSD を装着しているので、「ディスクを削除して Ubuntu をインストール」を選択する。

f:id:neos21:20200219235619j:plain

次のような警告ダイアログが出るので、書き込み先のデバイスが、先程確認した内蔵 SSD のデバイス sda であることを確認して進む。

f:id:neos21:20200219235624j:plain

インストール作業が始まる。この間もウィザードは若干続く。時刻設定のために「どこに住んでいますか?」を設定する。日本在住なら Tokyo で良いだろう。

f:id:neos21:20200219235629j:plain

「あなたの情報を入力してください」では、デフォルトのユーザ名とパスワードを設定する。ユーザ名は小文字のみ。パスワードは弱いパスワードでも設定できなくはない。

f:id:neos21:20200219235636j:plain

インストールはそこまで時間はかからない。気楽に待つ。

f:id:neos21:20200219235641j:plain

(↑ USB メモリを繋いでこのように作業している)

インストールが終わったら、再起動するか問われる。

f:id:neos21:20200219235647j:plain

再起動ではなく、一旦電源を切ってやり、USB メモリを抜いて、BIOS で再度ブート順を SSD 有線に変更してやると良いだろう。

USB メモリを抜き、SSD を読み込んで起動するようにしたら、めでたく Ubuntu が開くことだろう。

f:id:neos21:20200219235652j:plain

「設定」アプリで様子を見てみる。

f:id:neos21:20200219235658j:plain

自分はどのマシンでも「Yosemite4」の壁紙を使っているので、早速変更。

f:id:neos21:20200219235704j:plain

うぉー、ついに Ubuntu 専用マシンが爆誕した。


ということで以上。電源ボタンを押すと Ubuntu が起動する ThinkPad X250 ラップトップが出来上がった。

コレからどんどん使い込んで改造していくので、設定周りのノウハウは随時記事にしていこうと思う。

Ubuntu はじめる&楽しむ 100%活用ガイド[Ubuntu 18.04LTS 日本語Remix対応]

Ubuntu はじめる&楽しむ 100%活用ガイド[Ubuntu 18.04LTS 日本語Remix対応]

  • 作者:リンクアップ
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2018/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix 使い方が全部わかる本

Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix 使い方が全部わかる本

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: Kindle版