Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

VSCode のファイルツリーから興味のないフォルダを非表示にする

VSCode のファイルツリーに、普段見ないような設定ファイルやキャッシュディレクトリなんかが表示されているのが鬱陶しく感じる時がある。

そんな時は、プロジェクトディレクトリ直下に .vscode/settings.json を作り、以下の要領で非表示にしたいディレクトリを指定してやれば良い。

{
  "files.exclude": {
    "**/node_modules/**: true,
    "**/.meta/**": true,
    "**/*.map": true
  }
}

ファイルツリー上非表示になっているだけなので、非表示にしたファイルを VSCode 上で表示したくなったら、統合ターミナルなんかから

$ code -a ./HOGE.map

などとファイル指定で叩いてやれば、起動中の VSCode のウィンドウで当該ファイルを開ける。

プログラマーのためのVisual Studio Codeの教科書

プログラマーのためのVisual Studio Codeの教科書

徹底解説Visual Studio Code

徹底解説Visual Studio Code

  • 作者:本間咲来
  • 発売日: 2019/09/27
  • メディア: 単行本

Visual Studio Code実践ガイド —— 最新コードエディタを使い倒すテクニック

Visual Studio Code実践ガイド —— 最新コードエディタを使い倒すテクニック

  • 作者:森下 篤
  • 発売日: 2020/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Ubuntu 18.04 にテーマやアイコンをインストールして Windows XP 風にしてみた

Ubuntu 18.04 日本語 Remix を使っている。デスクトップ環境は特にイジっていないので、Ubuntu 標準の GNOME (GNOME Shell) を使っており、ツールキットには GTK が使われている状態。

今回、Linux デスクトップを Windows XP 風に変更するテーマとアイコン集を見つけたので、インストールしてみた。

ユーザテーマ用ディレクトリを作る

独自にダウンロードしたテーマやアイコンを格納するためのディレクトリを作る。

$ mkdir ~/.themes
$ mkdir ~/.icons

GNOME Shell 拡張機能「User Themes」をインストールする

GNOME Shell 拡張機能の本体 (gnome-shell-extensions) はインストール済だと思うので省略。以下の「User Themes」という拡張機能をインストールする。

コレをインストールすると、GNOME Tweaks (gnome-tweaks) の「外観」のところで、先程用意したユーザテーマ用ディレクトリを参照して、テーマやアイコンを設定できるようになる。

任意のテーマやアイコンをダウンロードする

あとは好きなテーマやアイコンをダウンロードし、先程作ったディレクトリ配下に配置すれば良い。

Windows XP 風のテーマにする XP Professional は、以下のサイトからダウンロードできる。

  • XP Professional - pling.com
    • 右側の「Download」から Windows-XP-3.1.zip をダウンロードする
    • Zip を解凍すると、中に色々なフォルダがあるので、それらを ~/.themes/ 配下にコピーする
    • Luna テーマの場合、~/.themes/Windows XP Luna/ という感じでディレクトリごと配置できたら OK
  • 参考:GitHub - B00merang-Project/Windows-XP: Windows XP themes … GitHub リポジトリ
    • 上のページから作者のリンクを選択すると、他にも MacOS 風など様々なテーマがあるので、探してみると良いだろう

同じく、Windows XP 風のアイコンセットを提供する XP Icons は、以下のサイトからダウンロードできる。

GNOME Tweaks でテーマを選んで適用する

「GNOME Tweaks」を開き、「外観」を選ぶと、

  • 「アプリケーション」の中から「Windows XP Luna」など、
  • 「GNOME Shell」の中から「Windows XP Luna」など、
  • 「アイコン」の中から「Windows-XP-3.1」など

がそれぞれ選択できるようになっているはずだ。

「アプリケーション」と「GNOME Shell」は ~/.themes/ 配下に置いたテーマを、「アイコン」は ~/.icons/ 配下に置いたアイコンセットをそれぞれ参照できるようになっている。

配置したはずのテーマが見えていない場合は、一度「GNOME Tweaks」を閉じて再度起動してみよう。

テーマやアイコンを選択すると、即座にテーマが切り替わる。

以上

Windows XP 風なテーマを適用してみた結果はこんな感じ。

f:id:neos21:20200421115652p:plain

ウィンドウのタイトルバーの色味や、右下のタスクトレイの色味なんかはテーマのおかげで Windows XP 風になっている。

Files がエクスプローラのアイコンになっていたり、Gedit がメモ帳のアイコンになっていたりするのはアイコンセットのおかげ。

GNOME だと Start ボタン周りが再現できていないが、Cinnamon なんかだとうまくいくっぽい。色々試してみると良いかと。

富士通 A4サイズ ノートPC Windows XP

富士通 A4サイズ ノートPC Windows XP

  • メディア: エレクトロニクス

Windows10 エクスプローラのフォルダの表示形式を固定する

Windows10 のエクスプローラを使っていると、あるフォルダは詳細表示なのに、あるフォルダは縮小表示だったり、表示列がバラバラだったりと、使いづらい。自分は詳細表示で、決まった列しか表示しなくて良いので、全てのフォルダの表示形式を統一するための作業をしてみた。

参考にしたのは以下のサイト。

まずは既存の表示形式に関する情報を削除するため、レジストリエディタを開き、以下のキーに移動する。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell

すると Shell キーの下に BagMRUBags というキー (フォルダ) があると思うので、コレを削除する。

そしたら

  • Shell キーの下に Bags キーを作り、
  • Bags キーの下に AllFolders キーを作り、
  • AllFolders キーの下に Shell キーを作り、
  • Shell キーの中に「新規」→「文字列値」を作り、
  • 文字列値の「値の名前」を FolderType に、
  • 文字列値の「値のデータ」を NotSpecified にする

…ココまでやると、「フォルダの種類」が勝手に変わらなくなる。

そしたらエクスプローラを開き、任意のフォルダで「このフォルダーのカスタマイズ」を選ぶ。「カスタマイズ」タブで「フォルダーの種類」が「全般」になっていることを確認する。

次にそのフォルダの表示形式や表示する列を設定し、「フォルダーと検索のオプションの変更 (フォルダーオプション)」を開いて「表示」タブの「フォルダーに適用」ボタンを押下する。コレで、フォルダの種類が「全般」なフォルダの表示形式を揃えることができた。

最後に、ドライブの直下を開き、全てのフォルダを選択して「このフォルダーのカスタマイズ」を選ぶ。「カスタマイズ」タブで「全般」を選び、「このテンプレートをすべてのサブフォルダーに適用する」にチェックを入れる。コレにより、全てのフォルダの種類を「全般」に変更できる。この設定はドライブ別にやってやると良いだろう。

…というワケで以上。表示形式イチイチ変えなくていいから頼むよー Windows さ〜ん。

MacOS + CamTwist + FaceVTuber で簡単バ美肉してみた

VTuber の中でも、美少女モデルに変身することを「バ美肉 (バーチャル美少女セルフ受肉)」と言うらしい。

今回、それを簡単に実現する方法を試してみたので紹介する。

仕組み

今回バ美肉を行う主要な仕組みには、FaceVTuber という Web アプリを使う。

ブラウザのみで簡単に動作するのでお手軽だ。コレにより、ウェブカメラで捉えた人物の動きに合わせて 3D モデルが動くところまで実現できる。

FaceVTuber の映像を「ウェブカメラの映像」としてビデオチャットツールに配信するため、CamTwist というツールを使う。このソフトは MacOS 用だが、Windows 環境でもこのソフトと同様の機能を持つソフトが用意できれば、バ美肉配信できるはずだ。

CamTwist をインストールする

まずは以下のページから CamTwist をダウンロードし、インストールする。

3D モデリングデータをダウンロードする

次に、バ美肉する 3D モデルをダウンロードする。今回は「キズナアイ」ちゃんのモデリングデータを使用する。

Zip ファイルをダウンロードしたら、解凍は不要。そのままにしておく。

FaceVTuber をセットアップする

Chrome や Firefox ブラウザで、以下の FaceVTuber のサイトにアクセスする。

アクセスしたら次の手順でセットアップしていく。

  1. ファイルアップロード欄より、用意したモデリングデータの Zip ファイルをアップロードする
  2. 何度かアラートダイアログで確認が入るので、「OK」を選んで進めていく
  3. モデリングデータが読み込まれたら「Start」ボタンを押下しウェブカメラを起動する
  4. 顔のトラッキングが始まるので、それを確認したら「Set」ボタンを謳歌する。コレにより顔の動きに合わせて 3D モデルが動作するようになる
  5. 「popWindow」ボタンを押下し、ポップアップウィンドウを開く。後で CamTwist を使い、このウィンドウをキャプチャさせることになる
  6. お好みで「モデルの位置調整」を行ったり、「手の操作」の有効・無効を切り替えて「ResetPose」ボタンを押下したりする。顔のトラッキング位置が微妙になったら「Set」ボタンを押せば再セットされる

CamTwist を起動・設定する

ポップアップウィンドウが用意できたら、コレをビデオチャットツールで配信できるようにするため、CamTwist を設定する。

Camtwist を起動したら、次のようにセットアップしていく。

  1. 「Step1」欄で「Desktop+」を選んで「Select」ボタンを押下する
  2. 「Step2」欄は「AppleScript」のまま、「Step3」欄もそのままにする
  3. 「Settings」欄で「Confine to Application Window」を選ぶ
  4. 「Select from existing windows」より、でポップアップ起動した FaceVTuber のウィンドウを選択する
  5. 「Save Setup」ボタンで保存する
  6. 「Auto load」ボタンでロードする

f:id:neos21:20200421115710p:plain

ビデオチャットツールを設定する

ココまで設定すると、ビデオチャットツールのデバイス設定で「CamTwist」と書かれた項目が選べるようになっているはずだ。「2YUV」と書かれたモノと2つ見つかるかと思うが、どちらを選んでも良い。

  • FaceVTuber でウェブカメラをキャプチャしているウィンドウ
  • FaceVTuber から開いたポップアップウィンドウ
  • ビデオチャットツールのウィンドウ

の3つのウィンドウが重ならないよう、上手くウィンドウを並べておこう。

また、Chrome ブラウザで Hangouts Meet なんかに参加する場合は、FaceVTuber を Firefox など別のブラウザで開いておいた方が安定するだろう。

以上

f:id:neos21:20200421115700p:plain

コレで簡単にバ美肉できてよきよき。キズナアイちゃんになれて楽しい。w

スマホだけでもOK! VTuberのはじめかた

スマホだけでもOK! VTuberのはじめかた