Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

2020-11-28 : このブログは2020年末をもって更新停止する予定です。
2021年以降は Neo's World (https://neos21.net/) で記事を公開していきますので、今後はコチラをご覧ください。
このブログの記事は2021年以降、Neo's World に順次移行していきます。元記事および本ブログは移行次第削除する予定です。

「環境変数」ウィンドウを直接開くバッチファイル

前回の記事でも触れたが、Windows で「環境変数」を編集する GUI ウィンドウを開くのは少々手間がかかる。

neos21.hatenablog.com

「スタートメニュー」→「PC」の項目を右クリック→「プロパティ」→コントロールパネルの「システム」が開く→「システムの詳細設定」を選ぶ→「詳細」タブ→「環境変数」ボタンを押下、と選択して「環境変数」ウィンドウ

場所は分かっているが、いちいち面倒臭い。

そこで、この「環境変数」ウィンドウを直接開くバッチスクリプトを書いた。以下の1行を適当な .bat ファイルとして保存しておき、ダブルクリックすれば「環境変数」ウィンドウが直接開ける。

Start C:\Windows\system32\rundll32.exe sysdm.cpl, EditEnvironmentVariables

前回の記事は「スクリプトで自動化すればいいじゃん」という話だったが、GUI は GUI で、登録内容の一覧としては視認性が高いと思うので、情報へのアクセスを容易にするよう工夫した次第。