Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

2020-11-28 : このブログは2020年末をもって更新停止する予定です。
2021年以降は Neo's World (https://neos21.net/) で記事を公開していきますので、今後はコチラをご覧ください。
このブログの記事は2021年以降、Neo's World に順次移行していきます。元記事および本ブログは移行次第削除する予定です。

Windows 形式のディレクトリパスを Bash 系で解釈させる…?

C:\Windows\ というような、Windows 形式のディレクトリパスは、GitBash に上手く投げ込めないんじゃないかと思って、以下のような関数を作ったりしていた。

function cdd() {
  cd "$(echo $1 | tr '\' '/')"
}

渡された文字列の \/ に置換し、cd コマンドを呼ぶ、という関数。

だが、GitBash の場合、\ マークのままでも移動できた

# うまくいく
cd C:\Windows\

さらに、ConEmu だとパスの自動置換機能があるので、貼り付けた瞬間にパスが以下のように変化する。

# 「C:\Windows\」をコピペすると…
$ /c/Windows/
# こんな風に貼り付けられる

こんな関数作らなくても良かったんや…