Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Docker コンテナとの共有ディレクトリを設定する

Docker で仮想環境を作ると、当然ながらホスト OS (Docker を立ち上げている大元の PC 環境) とは全く異なる環境が立ち上がる。しかし、

  • ホスト OS にあるデータを Docker コンテナに持ち込みたい
  • Docker コンテナを破棄しても作業中のファイルは永続化したい

という場合も多くあるだろう。

そこで今回は、Docker の共有ディレクトリ設定を紹介する。VirtualBox・Vagrant にも「共有フォルダ設定」があったと思うが、それと同じようなものだ。

# Docker コンテナと接続する作業用ディレクトリを作り、そこに移動する
$ mkdir work-centos && cd $_

# カレントディレクトリを `/work/` ディレクトリとして接続し、CentOS7 の Bash を起動する
$ docker run -v `pwd`:/work -it centos:7 bash

# CentOS 上では `work-centos/` ディレクトリの内容が `/work/` ディレクトリ配下に表示される
$$ cd /work/

あとは /work/ 内に好きにファイルを作れば、コンテナ終了後もホスト OS の方に永続化される。

Docker

Docker