Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Ruby で自分だけのブックマークアプリを作ってみた

プログラミング言語 Ruby

プログラミング言語 Ruby

「はてなブックマーク」や「Pocket」など、ログインして利用する系のブックマークサービスを使いたくない場面が出てきたので、オレオレブックマークアプリというか、オレオレ Read It Later アプリを作ってみた。

CentOS の GCE インスタンスに、Apache と Ruby をインストール。Apache 上で Ruby を CGI として動作させられるよう設定変更した上で、単一の Ruby スクリプトファイルだけで動作するアプリを組んだ。Rails やサードパーティモジュールは使っていない。

ソースコードは以下。

github.com

実稼動しているサイトは以下だが、パスワードを公開していないので皆さんは見られない。

どんなアプリ?

ベースの考え方は、PHP で作った「オレオレ Twitter」アプリに近い。

neos21.hatenablog.com

予め「クレデンシャルファイル」にアクセス用パスワード文字列を書いておき、リクエストパラメータで指定したパスワードをチェックすることで、自分だけがアクセスして閲覧できるアプリにしてある。

パスワードを指定してアクセスすると、次のような画面になる。

f:id:neos21:20200102231354p:plain

上はブックマークの追加フォーム。下に追加してあるブックマークが一覧表示されている。チェックボックスをチェックしていけば削除できる、という仕組み。

パスワードを指定しないと、ブックマーク一覧の閲覧もできないし、ブックマークの追加や削除もできない。

今回も DB は使わず、テキストファイルでブックマーク一覧やシーケンス値を管理している。シーケンスの仕組みは、複数のブックマークを一括削除する際に、削除する行を特定する目的で用意した。

ブックマークの追加・削除の処理を呼び出す時も GET メソッドでリクエストする乱暴な仕様だが、コレのおかげで「ブックマークレット」によるブックマーク追加が可能になっている。

以下のようなブックマークレットを作れば、閲覧中のページをブックマークに追加できるという仕組みだ。

javascript:(() => {
  window.open(
    'http://【HostName】/index.rb?credential=【Credential】&mode=add&title='
    + encodeURIComponent(document.title)
    + '&url='
    + encodeURIComponent(document.URL)
  );
})();

コレがやりたくてこのアプリを作った。

Ruby CGI 実装に際しての学習メモ

コレまで自分は Rails 中心で、生 Ruby をほとんど触ってきてこなかったので、今回のようにある種レガシーな Ruby CGI を実装してみると、新たな学びも多かった。思いつくままに学習メモを書き残しておこうと思う。

命名規則

  • メソッド名、変数名 : スネークケース
  • 定数 : アッパースネークケース (1文字目が大文字なら定数になる)
  • グローバル変数 : $ 始まりの変数名にする

文字列のシングルクォートとダブルクォート

Perl や PHP、Bash などと同じく、シングルクォートだと変数展開がされず、ダブルクォートだと変数展開される。

文字列中に変数を書くには、#{変数名} と書く。

ヒアドキュメント

以下のように書く。コレもシングルクォートで <<'EOL' とすると変数展開されず、ダブルクォートで <<"EOL" とすると変数展開される。

print(<<'EOL')
hoge
fuga
EOL

print(<<"EOL")
#{some_variable}
foo
bar
EOL

Ruby スクリプトファイル自体のエンコーディングを確認する

puts __ENCODING__

# 基本は 'UTF-8' と出る

テキストファイルの読み書き

#!/usr/bin/ruby

File.open('./ruby-test.txt', 'w:UTF-8') do |text|
  text.puts('Hello')
end

第2引数で r:UTF-8 (読取専用) とか a+:UTF-8 (読取・追記) とかのように、:UTF-8 とエンコーディングを指定すること。コレを忘れると、全角文字を含むファイルを開こうとした時にエラーになる。

新規で空ファイルを作るには FileUtils.touch() という関数が使える。

require 'fileutils'

unless File.exist?(BOOKMARKS_FILE_PATH)
  FileUtils.touch(BOOKMARKS_FILE_PATH)
end

unlessif ! 条件。条件を満たさない場合…というブロックになる。

do end ブロックとブレース {} によるブロックの違い

以下の2つの書き方は、同じ結果が得られる。

File.open(TARGET_FILE, 'r:UTF-8') do |file|
  puts(file.read)
end

File.open(TARGET_FILE, 'r:UTF-8') { |file|
  puts(file.read)
}

do end でブロックを作るのと、ブレース {} でブロックを作るのと、違いはあるのだろうか。

以下の記事が見つかったが、イマイチ違いが分かんなかった。

andor より &&|| が優先される、という話もあるし、do end より {} が優先されると理解しておいたらいいのかな。

エスケープ関連は cgi モジュールを使うと良い

require 'cgi'

# CGI オブジェクトをグローバル変数として定義する
$cgi = CGI.new

# リクエストパラメータは以下のように取得できる
raw_my_param = $cgi['my_param']

# アンエスケープする
my_param = CGI.unescape(raw_my_param)

# レスポンスの頭に `content-type` と改行コード2つを書いておくこと
print("content-type: text/html\n\n")

# HTML 出力用にエスケープする
puts("<p>#{CGI.escapeHTML(some_text)}</p>")
  • print は末尾に改行コードなし、puts は末尾に改行コードが勝手に付く
  • CGI.escapeHTML() とか、CGI.unescape() とかの関数が良い感じ
  • CGI.unescape() しても Tab 文字は変換されないみたいだったので、gsub("\t", ' ') (スペースに置換) だとか gsub("\t", '%09') (% エンコーディングに置換) だとか、適宜置換処理を追加しておいた

cgi モジュール便利。

ENV でサーバ関連の情報が引っこ抜ける

ENV.keys で、取得できる環境変数のキー一覧が確認できる。ENV['SERVER_NAME'] でホスト部分とか。

スクリプト自体のファイル名を取得する

File.basename(__FILE__) で、index.rb だとか、自身のファイル名だけを取得できる。

Trim 系の関数 : stripchomp

  • strip : 文字列の前後の改行コード、スペース、タブを削除する
  • chomp : 文字列の前後の改行コードのみを削除する

1行しかないテキストファイルから文字列だけ取り出したい時は、my_text.chomp で改行コードだけ消せば十分か。

文字列結合

単純に str1 + str2+ で結合しても良いが、<<+= 的な追記ができる。

my_text = ''

File.open(TARGET_FILE, 'r:UTF-8') { |file|
  file.each_line { |line|
    my_text << line
  }
}

puts(my_text)

ループ中の continuenext

nextcontinue 相当。

以上

かなり作りが甘いところもあるが、自分が欲しかったモノは作れたし、自分しか使わないのでコレでおけおけ。

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)

  • 作者:リブロワークス
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2019/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)