Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

CentOS 7 に最新版の Git を入れる

厳密には Oracle Linux 7 で試したが、CentOS 7 向けの解説を読みながら、最新版の Git をソースコードからビルドしてインストールしてみた。

まずは上のページから最新版の tar.gz の URL を取得する。本稿執筆時点の最新版は v2.25.0 なので以下の URL となる。

# Yum で入れた Git を消しておく
$ yum remove git

$ yum -y install gcc curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel perl-ExtUtils-MakeMaker autoconf
$ cd /usr/local/src/
$ wget https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.25.0.tar.gz
$ tar xzvf git-2.25.0.tar.gz
$ rm git-2.25.0.tar.gz
$ cd git-2.25.0/
$ make prefix=/usr/local all
$ make prefix=/usr/local install

# root ユーザだと以下のように見える
$ which git
/bin/git
$ git --version
git version 1.8.3.1

# 一般ユーザだと次のようになった
$ which git
/usr/local/bin/git
$ git --version
git version 2.25.0

/bin/git が存在するのは何でだろう?よく分かんないから $ cp /usr/local/bin/git /bin/git しちゃっても良いかな?したくなったらやる。